モンベルのスーパーメリノウールは冬の最強シャツ!保温力が凄すぎる!


どうも。弱虫眼鏡です。

10月に入っていきなり寒くなる日もありました。季節の変わり目って、衣服の選択に迷うことありますよね?まさしくそんな日でした。

そこで今日ご紹介するのは、モンベルの『スーパーメリノウール』です。これからの季節、本当に寒い時はアンダーウエアとして使うことが増えてくると思います。

モンベルの『スーパーメリノウール』シリーズとは?

モンベルではアンダーウエアとして二つのシリーズを提案しています。一つは以前にご紹介した『ジオライン』そしてもう一つが『スーパーメリノウール』になります。

ジオラインの紹介はコチラ

違いは何か?分かりやすく成分表示で説明します。私が持っているのがスーパーメリノウールL.W.とジオラインEXP.なので、これに従ってまとめます。

スーパーメリノウールL.W. ジオラインEXP
毛 92% ポリエステル 100%
ナイロン 8%

つまり、スーパーメリノウールは毛(ウール)、ジオラインは化学繊維で出来ていることになります。


ウールは天然素材で、最強の保温能力のある繊維

ウールというのは羊毛のことで、昔から使われている素材です。単純ですが、羊のモコモコ毛を服に使おうと考えた人の発想が素晴らしいですね!

『羊はあったかいんだろうなぁ』と考えて何とかその『毛』を利用できないか?当時はビックリ発想だったかもしれませんが、今ではその恩恵を十分に受けています。

羊の見た目でもわかる通り、相当の保温力のある繊維なので、ウール素材のセーターなど、特に冬物衣服に使われることが多いです。これをモンベルではアンダーウエアに採用しています。

スーパーメリノウールの使用感、チクチクしない?

幼少期や今でもそうですが、ウール素材の衣服は総じて『チクチク』します。私もそれが嫌で、ウール素材は敬遠してました。

それを、アンダーウエアとして使うというのですから、これはものすごい改良をしないとユーザー受けしないのでは?と心配になりました。『チクチク』に悩まされ敬遠するのは私だけではないはず。

まあ、製品として販売されていますし、口コミを見ても悪い印象を受けなかったので、ものは試しと購入してみることにしました。

着てみて感想!確かに暖かい!そして、チクチクしない!

購入したのはL.W.です。体にジャストフイットするサイズですが、ウール特有のチクチクは微塵も感じません!

そして、暖かい!!

まだ本格的な冬ではないので、これ一枚で十分な暖かさです。勿論真冬になればさすがに一枚というわけにはいかないので、この上に重ね着すれば十分だと思います。

暖かさに関して、私が感じた『ジオライン』と『スーパーメリノウール』の違いですが、『ジオライン』の方は『カラッとした温かさ』、スーパーメリノウールの方は『ウエットな暖かさ』を感じます。

ジオラインの方は速乾性を重視しているので、暖かさを感じながらも水分を放出する機能があるので、比較的ドライな感じを受けるのかもしれません。

一方スーパーメリノウールの方は、保温だけでなく保湿能力もあるような気がします。肌に吸い付く感じがあります。その分暖かさはこちらのほうがより感じやすい気がします。

多少ウエットな感じしますが、汗が溜まるとかそんなことはありません。運動とかしなければ、『濡れて冷える』こともありません。

繊維の厚さが両者違うので、同じ比較が出来ませんが、暖かさでいえば、ジオライン<スーパーメリノウールではないかと思います。

まとめ

冬のアンダーウエアとしてスーパーメリノウール、侮れませんね。余裕が出来たらもう一枚購入したなぁと考えています。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク