モンベルのスーパーメリノウール|保温力が凄すぎる防寒アンダーウエア!

どうも。

登山せずに、モンベルだけで日常生活を送るモンベリスト、ブロガーの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。

現在、これだけで生活してます。

10月、11月になると、いきなり寒くなる日があります。

季節の変わり目って、少し苦手です。

暑かったり、寒かったり衣服の選択に迷います。

秋が深まって、いよいよ冬が本格化するシーズンになると、やっぱり寒さが堪えますよね。外にいてもそうですが、部屋の中にいても同じです。

しっかり暖房の効いた部屋で、こたつでみかんもいいんですが、どうしても活動しなくては行けません。こたつから出るのがとても億劫になるのは【寒さ】のせいでしょう。

ミニマリストはモノをあまり持たないで生活していますが、着る服もできるだけ減らしたいという欲求があるのではないでしょうか?

重ね着は嫌い。だけど、寒いのも嫌。

できればどちらも叶えたい。克服したい!

そう思うことはありませんか?

もしかしたら【モンベル】が期待に応えてくれるかも知れません。

そのアイテムというのは、モンベルのスーパーメリノウールという、アンダーウエア(下着)です。本当に寒い時、これ一枚着ているか?着ていないか?で、暖かさは段違いです!

冬は寒くて、寒くて耐えられない!と嘆いているなら、一度スーパーメリノウールを試してみては如何ですか?

この記事を見たら、きっとスーパーメリノウールを手にしたくなるはず!

モンベルのスーパーメリノウールをレビュー~その素材

モンベルは言わずと知れた、アウトドアメーカーです。街で【mont-bell】ロゴが付いたアウターを着ている人をたまに見かけると思います。

モンベリストとしては、モンベル推しです(*´∀`)♪

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 ミニマリストを目指して断捨離し、実...

モンベルはアウターの種類が豊富で、様々なシーンにあわせた着方が出来るのがいいと思いますが。実はアウターだけではないんですね。

冬山登山などの過酷な環境にも耐えられるよう、アウターだけでなくインナーウエア(下着)の開発にも力を入れているんです。

インナーウエアとして、モンベルは2つのシリーズを提案しています。1つは【ジオライン】もう1つが【スーパーメリノウール】です。

ジオラインも優れた機能性インナーで、わたしはオールシーズン、愛用しています。

どうも。 登山せずに、モンベルだけで日常生活を送るモンベリストブロガーの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。 現在、これだ...

ジオラインとスーパーメリノウールの違いは何か?名前が違うのはわかりますが、性能機能がわかりにくいでかもしれません。

簡単にいうと、素材が違います。

スーパーメリノウールL.W. ジオラインEXP
毛 92% ポリエステル 100%
ナイロン 8%

つまり、スーパーメリノウールは毛(ウール)、ジオラインは化学繊維で出来ているんですね。

ウールというのは、羊毛のことで太古から使われていた天然素材です。

テレビで羊毛刈りのシーンを見たことありませんか?

『羊は毛がいっぱいあって、あったかいんだろうなぁ』と考えて何とかその『毛』を利用できないか?単純ですが、羊のモコモコ毛を服に使おうと考えた人の発想が素晴らしいですね!

羊の見た目でもわかる通り、相当の保温力のある繊維なので、ウールはセーターなど、特に冬物衣服に使われることが多いです。

モンベルではアンダーウエアにウールを採用してスーパーメリノウールを提供しています。

モンベルのスーパーメリノウールをレビュー~チクチクしない?

ウール素材って『チクチク』しますよね。

セータとかウール素材のもの。暖かくていいんですが、嫌なところがその肌触り。

チクチクするのが嫌で嫌で。

肌に触れるチクチクが嫌で、ウールは敬遠されることが多いのではないでしょうか?

スーパーメリノウールは、ウールをふんだんに使っていながら、アンダーウエアとして提供しています。いくら暖かくても、肌触りが悪いと、嫌ですよね。それだけでイライラします。

チクチクせず肌触りをよくするには、ものすごい改良をしないといけませんよね。

それをアンダーウエアとして提供するということは、モンベルは自信あり!ということでしょうか?

その実力、どれくらいか?スーパーメリノウールを購入して、確認してみました。着てみた感想ですが、チクチクしない!

 ウール特有のチクチクは微塵も感じません!

単純に、すげぇな。モンベル!

モンベルのスーパーメリノウールをレビュー~本当に暖かいのか?

モンベルのスーパーメリノウール。ウールを使っているのに、チクチクしません。長時間着ていても、嫌な感じは全く受けません。これは凄い!

肌触りがよいことがわかったので、では本題の暖かさはどうでしょうか?

抜群に、暖かい!!

まだ本格的な冬ではありませんが、今の季節、これ1枚で十分暖かいです。勿論、真冬になればさすがにこれ1枚というわけにはいきません。

この上に重ね着すればよいでしょう。

ミニマリスト的には、何枚も重ね着したくはないですが、わたしが持っているアイテムの中なら、シャミースジャケットライトシェルジャケットを羽織ります。

真冬だったら、スペリオダウンジャケットを着ます。

暖かさのレビューですが、わたしが感じた『ジオライン』と『スーパーメリノウール』の違いですが、『ジオライン』の方は『カラッとした温かさ』、スーパーメリノウールの方は『ウエットな暖かさ』を感じます。

ジオラインの方は速乾性を重視しているので、暖かさを感じながらも水分を放出する機能があるので、比較的ドライな感じを受けます。

一方、スーパーメリノウールの方は、保温だけでなく保湿能力もあるような気がします。肌に吸い付く感じがあります。それが、暖かさをより感じやすい秘密かもしれません。

多少ウエットな暖かさを感じますが、汗をかいてびしょ濡れになるということはありません。スーパーメリノウールを着て運動とかしなければ、『汗で濡れて冷える』ことはないでしょう。

繊維の厚さが違いますし、感じ方は人それぞれですので、正確な比較は出来ませんが、わたしのレビューした結果でいうと、暖かさは、ジオライン<スーパーメリノウールと思います。

モンベルのスーパーメリノウールをレビュー~デメリットは何?

とにかく、折り紙つきの暖かさを誇る、モンベルのスーパーメリノウールですが、短所はないのでしょうか?

わたしが実際に着てみて、ちょっとなぁ。って思うところは以下です。

・値段がかなり高額(ジオラインよりも高い!)

・肌触りは、ジオラインの方が上かな?

今まで、ファストファッションの価格に慣れきっているので、スーパーメリノウールの価格をみると、躊躇してしまいます。高額ゆえに、アンダーウエアを何枚も買えませんね。

でも、逆にいうと、高額であるがゆえに、1枚を大事に着る、買うなら慎重に費用対効果を考えますし、そもそもモノが増えないので、ミニマリスト的にはよいことですね。

肌触りは好みにもよりますが、わたしはジオラインの方が好きです。

スーパーメリノウールのウール肌触りは驚きですが、肌触りはジオラインの方がいいと思います。暖かさをとるか、肌触りをとるか、どちらを選択するかで決めてもいいですね。

まとめ

モンベルのスーパーメリノウールをレビューしました。冬のアンダーウエアとして最強の呼び声の高い、シャツです。

・ウール下着なのに、肌触りがよい。チクチクしない。

・暖かさは最強

ウールの欠点をうまく消して、暖かさを保つ。侮れませんね。経済的に余裕が出来たら、もう1枚購入したなぁと考えています。

それでは、また!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする