乾電池とモバイルバッテリーを一つに統合!Panasonicの充電器で一石二鳥!


どうも。弱虫眼鏡です。

ミニマルライフを送る上で、欠かせないのが『電源の確保』です。家電製品をかなり減らしましたが、それでも電気や電池で動かさなくてはいけないものがまだまだたくさんあります。

例えば、スマートフォンの充電もあるでしょう。懐中電灯やラジオ、その他バッテリー駆動のものって意外とたくさんあります。

最近では、モバイルバッテリーというのが台頭しており、大容量ながらコンパクトに充電できるので人気商品となっています。私も以前はモバイルバッテリーを活用していましたが、ひとつ気になる存在を忘れていました。

そう『乾電池』です。

乾電池の種類はいろいろある

乾電池の種類もいくつかあります『マンガン乾電池』『アルカリ乾電池』『充電式乾電池』などなど。最近では『充電式乾電池』の性能も上がってきており、エネループのように繰り返し充電しても劣化しないものも登場しました。

私の最初の充電池との出会いは『ラジコン』に使う電池として、親に買ってもらった充電池があります。当時は『ニッカド電池』が主流で、確かに充電はできるし、普通の乾電池(当時はマンガン電池のみ)に比べると、パワーが出るような感じは受けました。

ですが、数十回ほど充電すると、劣化してしまい、殆んど充電されなくなるばかりか、パワーも低下し、結局は使い物にならず処分した記憶があります。

今では『ニッケル水素電池』が主流で、コチラは何回充電しても、新品同様のパワーを出力し、劣化も殆ど気になりません。


『ニッケル水素電池』を持っていれば、世界が広がります

充電池と充電器をもっていれば、色々なものを動かすことが出来るので、使えるシーンが増えます。私のケースですと例えば、電動歯ブラシは乾電池駆動なので、エネループを導入して充電しながら使ってます。

また懐中電灯やランタンの電池として使ったり、エアコンのリモコンなど、使えるシーンは様々です。

通常の充電できない乾電池は現在一本も持っていません。使い切った後は買い足したりしていないので、もっぱら充電池のみで生活していますが、特に困ることはありません。

電池容量がなくなれば充電すればよく、複数本持っていれば、充電している間に他の電池で電力供給も出来ます。

乾電池式充電池の欠点、それは・・・

ただ充電池にも欠点はあります。それは『モバイルバッテリーとしては使えない』ところにありました。例えばスマートフォンに乾電池からバッテリー供給というのは基本的には出来ません。

まぁ、100均に行けば、乾電池チャージャーなるものが売られているのでそれを使えばいいのでは?という意見もありますが、別途乾電池を買わなければいけません。つまり面倒くさい

そこで考えたのが、『バッテリーが乾電池で充電器からモバイル機へ電地を供給できるものはないか?』ということですが、意外とあっさり見つかりました。

PanasonicのBQ-CC57は充電器にUSB出力がついている

ご紹介するのは、PanasonicのBQ-CC57という充電器です。写真のようにこれ一台で、単三電池4本、単四電池2本を同時に充電することが出来ます。

下の黒い線が実はランプになっていて、電池の残量をランプの色でお知らせしてくれる優れものです。

そして、この充電器は側面からUSB出力が出来るようになっています。つまり、別途USBケーブルを用意すれば、充電した電池を、モバイルバッテリーとして使うことが出来るんです!!

つまり、充電器とモバイルバッテリーを共通化、一本化して使うことが出来る超優秀なアイテムです!

勿論『電池なんか使わねぇ、要らねぇ』という方にとっては必要のないものかもしれませんが、電池も使っている人にとっては、すべての充電機器類をこれ一台で統合できる、夢のアイテムになりませんか?

私はそう思いまして、今回導入に至りました。これで充電関係のアイテムを一つ減らすことが出来ました。

使ってみると、意外に急速充電

一昔前の充電器だと、フル充電するのにかなり時間がかかるイメージがありましたが、本機は比較的新しい機種なので当然、充電能力も上がっています。また安心のPanasonic製なので、故障もそんなに起こらないと推定します。

そして、あっという間に急速充電が完了し、すぐ使える状態になります。出かけているときや、家で別の用事があるときに、充電しておけば、気が付いた頃に充電が完了しています。

コレって便利ですよね?

持ち物としては、モバイルバッテリーを使わずに乾電池でいざという時に充電できるし、充電池もフル回転させることが出来るので、無駄のない生活を送ることが出来ます。
 
 
ミニマルライフ的には非常にありがたい製品です!
 

欠点は、モバイルバッテリーとしては『巨大』で嵩張るところ

単三電池4本を同時に充電するくらいの大きさが必要なので、当然のことながら、大きさはかなりのものです。正直『モバイル』として持ち運ぶのはちょっと厳しいかもしれません。

電池は大きさの規格?が決まっているので、これ以上コンパクトには出来ません。コンパクトにする余地があるのは、充電器の方ですが、現行の技術ではこれ以上コンパクトな充電器を開発するのは難しいのかもしれません。

Panasonicにお願いしたいのは、この充電器を『モバイルバッテリー』並みの大きさ、重さに出来ればもっと爆発的なヒット商品になるような気がしますが、考えてみてはくれないでしょうか?

まとめ

ミニマルライフを送るためには、『モノ(機能)を統合してシンプルにする』というのも一つの手段かも知れません。

ニッケル水素式充電池を有効に活用したいなぁと思っている方は、導入してみては如何でしょうか?電池自体の持ちが良くなっているので、使ってみても面白いかなぁと思います。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク