ロードバイク乗って『ダム』に行け!トレーニング効果とご褒美に期待!


どうも。弱虫眼鏡です。

本日は天気が良いので、ロードバイクに乗って、いつもの定番コースである江の島ではなくて、違うところに行くことにしました。たまには、レポートみたいなことをしてみようと思います。

本日のルート説明

昼までには戻りたかったので、長距離を走る気はありません。サクッと行って、サッと帰るため、今回の目的地は、『城山ダム』に設定しました。

何で『ダム』か?というと、単純に放水が見たかったからです。でも残念ながら、私が訪問したタイミングでは放水はやってませんでした。残念!

ルートですが、下記です。

往路:自宅⇒県道46号⇒国道129号⇒県道511号⇒国道413号⇒城山ダム
復路:国道413号⇒県道513号⇒国道412号⇒国道129号⇒自宅


ロードバイクに乗るときの国道と県道の違い

県道と国道を使って北上し、ダムを目指しました。私はロードバイクに乗るときは、帰りは出来るだけ違う道を走りたい願望があるので(サイクリングロードを使う時は対象外)、往路と復路は微妙に違います。

国道は道も広くて走りやすいのですが、如何せん交通量が多くてトラックやバスが横にくるとヒヤヒヤします。自転車は基本的に車道を走るので、出来るだけ側道に寄って走りますが、それでも身の危険を感じることもあります。

皆さんどうやって躱しているんでしょうか?未だに上手く躱せていないような気がするので、テクニックがあるのかもしれません。

一方県道は交通量が比較的少ないので、走りやすい時もありますが、県道の場合は側道が凸凹な場合が多々あるので、折角自動車が無くてスピードに乗れるチャンスがあっても、路面状態が悪くて、出来ない場合があります。

ロードバイクで行く、ダムの魅力

路面状態は色々ありますが、2時間程度で目的地に到着。『城山ダム』は神奈川県の津久井湖にあるダムで、規模は小さいです。

私以外に石碑の写真を撮っている人は見かけませんでした。というより、ここは休憩所でもなく、ただ石碑が建立されているだけの場所なので、殆んど人がいませんでした。

別にダム好きというわけではないですが、今回ロードバイクで行ってみて『ダムの魅力』というのが何となくわかるような気がします。その理由をまとめました。

・基本的に山の中なので、自然に囲まれている
景色がよい
・秘境ダムでなければ、ロードバイクでアクセス可能
・休憩所がある(ないところもある)
・必然的に『山登り』になるのでトレーニングになる

特に、道が整備されているダムであれば、ロードバイクで行くことが出来ます。そこまでのアクセスは『山登り』になるので、ハードトレーニングになることが予想されます。

正直、今日行ってみて山登り、辛かったです…

脚が既にガクガクですが…

私もサイクリングロードをよく利用しますが、基本的に整備された平地なので当たり前ですが走りやすいです。でもそれだけだとあまりトレーニング効果は期待できない気がします(やり方を考えれば出来ると思いますが)。

そういうつらい思いをして登って行った先にあるもの、『いい景色』これはご褒美です。疲れた体に染み渡る。辛いけどまた行きたくなりますね。

他にもダム候補を探してみる

神奈川県が管理しているダムは全部で11あるようです。神奈川県のホームページに行くとまとめられているので見ることが出来ます。コチラ

また、ダムでは『ダムカード』というものを配布しているようです。神奈川県では8つのダムで配布されているようですが、残念ながら土日祝日は配布してないそうです・・・

平日に行ってみるしかないですね。

おまけ・丹沢あんぱん

ダムのご褒美というわけではありませんが、帰り道、県道412号沿いにあるオギノパンを訪問し、丹沢あんぱんをGETしました。

自動車で行ったこともありますが、人気店なのでいつも混雑してます。駐車場に止めるのも難儀しますが、今回は自転車だったので楽勝です。

購入したのは『つぶあん』『紫いも』

どちらも美味しくいただきました。小ぶりなパンですが、餡がぎっしり入っているので食べ応えあります。ロードバイクで疲れた体に甘いお菓子は相性抜群です。

まとめ

これからの季節、トレーニングもかねて『県内ダムめぐり』をしようかと計画中。絶景を拝みつつ、体力強化になるのなら一石二鳥です。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク