モンベルでビジカジ|靴はアーバンクルーザーの300か500に決定


どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

モンベルでは不可能に近いと思われる、ビジカジスタイルをやってしまおう!ということで始めたこの企画。順調にアイテムは揃いつつあります。過去2回、靴下とジャケットについて書きましたが、まだまだ全身をビジカジに変えるところまではいけてませんね。

中途半端で終わっては、やっぱりモンベルでビジカジは無理か☺ってなってしまいますので、これからもまだまだ発掘を続けていくつもりです。これまでの経緯をはよかったら下記を参考にしてくださいね。

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 モンベルっていえば、どうしてもアウトドアやスポーツのブランドというイメージがついて回ります。実際、豊富なアイテムのほとんどは、アウトドアやスポーツ関係で占められています。確かに、...
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 モンベルはアウトドア専門のメーカです。身に付けるクロージングやギアのほとんどは、機能的に優れたものばかり。そして、動きやすい服装が多いですから、カジュアルが中心担っています。先日...
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 アウトドア&スポーツ専門であるモンベルから、あえて選択肢の少ないビジネスシーンでモンベルのアイテムを使えないか?と日々探っています。完全にフォーマルなビジネスでの使用はスーツの設...

靴下とジャケットは揃えました。では次はなにか?というよりは上記だけでは足りないものはなにか?必要最低限のものは何か?を挙げた方がてっとり早い。足りないものを具体的に挙げると、

・パンツ

・ジャケットのなかのインナー

・コート

・バッグ

・腕時計

この中で、今回は靴に脚光を当てたいと思います。靴、やはり靴が決まらないと、ビジカジとはいえないですよね。ジャケットやパンツがビジネスっぽい服装でも、最後、靴がスニーカーやサンダルだったら、ちょっと締まらないですし。この人、なんだろう?って思われると、もう意識がそっちに向いちゃって、ビジカジとは認識されなくなります。

まぁ、本当にカジュアルに着こなすならば、スニーカーでもいいんですが…

靴でビジネスっぽいモノといえば、やはり革靴。革靴最強です!革靴にしただけで、全身が引き締まる感じを受けるのはわたしだけでしょうか?まぁ、それはいいとして、モンベルに革靴の設定があるのか?これが問題ですが、ちゃんとあります。タイトルにもあるように、アーバンクルーザーという革靴があるんです。

モンベルのアーバンクルーザー。上質な天然皮革のトラベルシューズ

モンベルのアーバンクルーザーという、革靴ですが、ちゃんとカタログにも載っています。ご安心を。ただ、革靴ということであれば、モンベルにはこの靴以外、設定がないようです。なので、モンベルでビジカジをやろうとするなら、必然的にこのアーバンクルーザーをせんたくする以外に方法はないです。

まぁ、ビジネス専門ショップじゃないから、仕方のないことかも知れません。実際、わたしがモンベルショップを訪問して、このアーバンクルーザーを眺めたり、手にとってみたり、試着してみたり、やってたんですが、その間にアーバンクルーザーを同じように品定めしにくるお客さんはいませんでした。他の、ウォーキングシューズや、トレッキングシューズの方は結構人がいて、賑わっていたんですけどね。そんな中なので、逆にじっくり品定めできました。ヘ(^_^)

アーバンクルーザーの特徴はカタログによると、以下です。

・アッパーは天然皮革

・ワイド3E仕様

・アウトソールは軽量、高クッション性素材

・アウトソールの張り替え可能

・デザインは2種類(300と500)

アッパーの天然皮革。これは革靴なら合格!

まずは天然皮革。合成皮革になると値段は下がりますが、その分、耐久性はどうしても落ちるし、長く使っていると、劣化してきて見映えも悪くなります。上質な天然皮革を使用、と書いてあるので、長く履いても手入れさえきちんとしていけば、長持ちします。また、天然皮革ということで、使い込むと、味わい深く、馴染んでくるのも特徴です。ということで、アーバンクルーザーは長く使っていける仕様になっています。

ただ、ちょっと残念なのは、天然皮革の種類がわからないということです。天然皮革にも色々種類ありますよね。牛革だったり豚革だったり。アーバンクルーザーにはどんな天然皮革をつかっているかの表示がないので、皮革の種類にこだわりたい場合は、難しいです。

ワイド3E仕様。足幅が広い人でも快適に履ける

2つ目はワイド3E仕様。人の足の大きさというのは千差万別。通常、靴のサイズを選ぶときには足の長さしか意識しませんよね?長さはピッタリあうんだけども、足の幅が合わなかったり、甲の部分が窮屈だったりってことありませんか?そのために、ワンサイズ大きな靴を選ばざるを得なかった・・・何ていうこともあります。

そうなると、やっぱり過剰に足と靴とのあいだにクリアランスができて、安定しませんよね。できればピッタリしたものを履きたい。アーバンクルーザーというか、モンベルでは、足幅の大きな人向けにワイド仕様というものの設定があります。通常品は2Eになるそうですが、アーバンクルーザーの場合は、少しだけ幅が大きい3E設定。足幅が広くてもキッチリ合いますね。

アウトソールはビブラムソール仕様。

3つ目は、アウトソール。こちらはビブラムソールという、イタリア製のソールを使っています。ビブラム社というのは世界的にも有名で、ソールの開発は元々登山靴の滑り止めに始めたようです。登山靴にも使われるソールを、革靴に採用するあたり、モンベルの本気度が伺えます。ちなみにビブラムソール、現在では革靴にとどまらず、スニーカーなどにも使われているそうです。もしかしたら、あなたの靴底にもビブラムソールが使われているかも知れません。一度靴の裏を見てみると面白いかも。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ビブラム

ビブラムソールですが、こちらは張り替えも可能となっています。長く愛用していると、ソールの部分はどうしてもすり減ってきてしまいますよね。一般的な靴はソールが減ってきたら交換すべきです。見た目もよくないし、グリップ力が低下するので、安全性の観点からも交換推奨です。でも、その時また靴を買うのもいいですが、ソールだけ交換して履き続けるというのもありですよね。モンベルショップに持ち込めば、ソール交換もやってもらえるそうなので、ありがたいです。

モンベル(mont-bell)は「function is beauty」と「Light&Fast」をコンセプトに登山用品、アウトドア用品(アウトドアウェア、アウトドアギア)の製造、販売を行っています。またアウトドアイベントの企画運営、傷害保険の取り扱いも行っています。

デザインは300と500。見た目がちょっとずつ違う

4つ目、デザインが2種類あります。プレーン・トゥデザインの300と、チロリアンタイプの500。これらは好みがあるのでどちらがいいとか悪いとかないと思います。色もブラックとブラウンの設定があるので、計4種のなかから好きなものを選べばよいと思います。

わたしの好みでいうと300のブラックですが、ブラウンでもいいかな?って思います。今まで500タイプの靴を履いた記憶が無いので、こちらを選んでも面白いかもしれません。

トラベルシーンからウォーキングまで、さまざまな場面で活躍する軽量なレザーシューズです。シンプルな表情のプレーン・トゥデザイン。アッパーには上質な天然皮革を使用し、伝統的なステッチダウン製法で丁寧にソールと縫合しています。ワイズ3E対応のセミ・ワイド仕様なので、足幅が広い方にも対応します。※防水性はありません。【アウトソ...
トラベルシーンからウォーキングまで、さまざまな場面で活躍する軽量なレザーシューズです。アッパー部分のステッチが特長的なチロリアンタイプ。アッパーには上質な天然皮革を使用し、伝統的なステッチダウン製法で丁寧にソールと縫合しています。ワイズ3E対応のセミ・ワイド仕様なので、足幅が広い方にも対応します。※防水性はありません。...

まとめ

モンベルでビジカジ。やろうと思えばできる!ということで、今回は靴を選びました。選択肢は少ないですが、アーバンクルーザー、合わせやすくていい靴です。

それでは、また!