会社⇒話好きなオッサン 家⇒ひきこもり、コミュ障 意味不明


どうも。弱虫眼鏡です。

最近、気持ちの浮き沈みが激しいような気がします。

タイトルにもあるように、会社では比較的陽気にしゃべる明るいオッサンですが、家に帰ると引きこもりです。

休日ともなると、他人と全く会話することが無い日もあります。まぁ人と会う時はそうもいかないので、出向いたりして喋りますが。一体どっちが私なのか自分でもわからなくなることがあります。

別に会社でその役割を演じているわけではないと思うのですが、仕事を回そうとすると、必然的にそうなってしまいます。まぁ、仕事の内容がそうせざるを得ないので、強制的にやっているのかもしれませんが。

そうなるとやはり『役割を演じている』ことになりますよね?

本当の自分は違うかもしれないのに。ただ、自分でもよくわからないときがあります。『演じていると思っている自分が実は本当の自分でないのか?』いやいや『やっぱり引きこもっているときの自分が、本当の自分だ』せめぎあいをしていますが、結論は出ませんね。

恐らく回答は『どっちも自分』なのでしょう。

多分『会社での自分』は私にとっては相当なストレスなのでしょう。そのストレスから回復するために、休日は誰とも会わず、会話もせずひたすら減らした『心のMP』を回復するために休んでいるのだと思っています。

あ、ちなみに『心のMP』という表現は受け売りです。若かりし頃に読んだ本『フォーチュンクエスト』から流用させて頂いています。(『心のMP』という表現は作中に出てくるのではなく、作者のあとがきに出てくる表現だったと記憶しています。25年にスタートした作品ですが、今でも続いてるそうで)

『あの頃』は一日中貪るように同書を読んでいたのを覚えていますが、今この作品を読んだらどうなるのか?あの頃感じたドキドキワクワクはもう感じなくなってしまっているのかもしれません。
 
 
そうだとすると、ちょっと残念です。
 
 
『フォーチュンクエスト』の宣伝をしているような形になってしまいましたが、好きな作品ですので興味のある方は、ご覧になってください。
 
 
話を戻しますが、会社と家での自分のふるまいにギャップを感じて苦しんでいますが、それも『自分なんだ』と理解はしているつもりです。
 
 
なりたい自分がどっちなのかは、正直よくわかりませんが、どっちも無理をするのは良くないと思うので、ゆっくりやっていこうと思います。
 
会社では無理をしすぎない。
 
家では引きこもらない。
 
両方できたら、また違った自分を発見できるかもしれません。一気に変えようとすると、身体や心に無理が来そうなので、じっくりやる方がよさそうです。
 
 
答えなど見つからないかもしれないですが、結末を見たい気もします。
 
 
それでは、また!!

いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク