我儘ちゃんの相手はするな!近寄るな!あなたの人生に対して時間の無駄!



どうも。弱虫眼鏡です。

あなたの周りに我儘ちゃんはいませんか?そしてどんな理不尽な要求をしてきますか?あなたは我儘ちゃんの要求にどう答えてますか?全部答えてますか?それとも無視ですか?

私は我儘ちゃんが大嫌いです!!

まあ、私が弱虫なので、我儘ちゃんとつきあうと何でもかんでも我儘に付き合う羽目になり、どんどん不幸になっていきます。我儘ちゃんはコチラが弱虫だとわかると、どんどん強権的に振舞ってきます。

そして弱虫が我儘の要求にこたえられずに、苦しくなって白旗を挙げると、まるで『被害者は私!』のようにふるまい、さらに弱虫を追い詰めてきます。

最後にはこちらの精神が追い込まれ、崩壊してしまいます。そうなってからでは肉体的にも精神的にも良くないので、今のうちに『我儘ちゃん』からの攻撃に対する対処法を考えておきたいと思います。

我儘ちゃんの特徴

私が思う『我儘ちゃん』の特徴は以下です。世間一般の見方とは少し違うかもしれません。あくまで私見ですのでその点はご容赦下さい。

・我儘が認められるまで我を通そうと躍起になる
・自分のやっていることが正しいと信じて疑わない
・他人の意見を聞かない
・弱虫には強気に出てくる
・かまってちゃんも併発している
・妥協点を見つけることはしない、する気もない
・ダブルスタンダードになっていることに気が付かない
・悲劇のヒロインと思っている

まあ、こんなところでしょうか?

こういう人間に私のような弱虫が絡むと、ロクなことがありません。最初は良いかもしれませんが、次第に苦しくなってきて、だんだん自分を追い込むようになってきます。

そして、『(本当は我儘を通そうとしてくる奴が悪いのに)自分は何もできない屑だ』とか『なんて情けない奴だ』『生きている価値がない』なんていう危険な考えが浮かんでますます弱虫に拍車がかかります。

そうなってしまうと、自力での回復は困難になりますので、親しい友人や親兄弟、場合によっては専門家の手を借りることになってしまいます。

でも、あなたはなんにも悪くなんかない!あなたはそんな我儘ちゃんを一生懸命フォローして、願いが叶うように頑張ってきたんです。褒められたり、ねぎらいの言葉をかけてもらうことはあっても、キレられたり、非難や罵倒される筋合いもないですし、ましてや自分を追い込む必要なんて全くありません!

『課題の分離』が出来ていない

『課題の分離』という言葉をみて、ピンと来た人はたくさんいらっしゃると思いますが、そうです。

私も苦しい時に『アドラー心理学』を学んだひとりです。勉強したのは今更紹介するまでもありませんが、コチラの本です。

 
『課題』が他者のものの場合は、それに介入することは避ける。意訳するとそういうことかなと思います。
 
ではこの観点から、我儘ちゃんとの付き合い方を考えたいと思います。
アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
無料
posted with アプリーチ

我儘ちゃんとの付き合い方

・我儘要求に何でも答えようとしない
・自分にとって利益になると思ったら、対応する
・非難してきたら、我儘ちゃんが冷静になるまで逃げる
・『誰の課題なのか?』をじっくり考える
・『相手の課題』に介入しない
・近寄らない、メールもLINEもしないし、答えない
中々弱虫だと、難しいかもしれませんが、何とか頑張ってみてください!!
この中で効果的だなぁと思うのは『逃げる』『近寄らない』『何も答えない』でしょうか?我儘ちゃんはこれをやられると手も足も出ないはずです。
 
 
そしてあなたが対応しなくとも、誰かに頼って何とか自分の主張を通そうとするでしょう。その時に対応するのは別にあなたである必要は全くないのです。
 
 
やらなくても非難される筋合いもないですし、出来ない自分を悲観する必要もありません。堂々と『やらない』を選択しましょう。
 
まあ、どうしてもあなたが『やりたい!!』と思っているのならば、あえて留はしませんが、よく考えて行動して頂きたい。

まとめ

弱虫が我儘ちゃんの対処法を考えました。これだけでは対処するのには不十分かもしれませんが、まずは実践してみてください。

そしてあなたの心が十分回復したのちに、対決するか?それともそのまま逃げるか?それはあなた次第です。

どちらの選択もあなたの思い悩んだ末の行動ですので、私はその選択を応援します。ただ、『我儘をまた聞いてやる』これだけは止めましょう。

明日があなたの良い日になりますように!!

それでは、また!!

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク