モノを買う時は本当に必要なのかよく考えよう!私の財布選び失敗談をご紹介


どうも。弱虫眼鏡です。

あなたの断捨離は進んでいますか?そして、捨てたもの購入したものの中で失敗したことありますか?私も断捨離進めていますが、ちょっと購入して失敗だったかなぁという体験談をご紹介します。

どんな体験をしたかというと、タイトルにもあるように『財布選び』です。

以前に、財布を買い替えてダウンサイジングしたことを書きました。
参考:ミニマムライフは財布もミニマムにしよう!

以前の財布を買い替える機会があったため、ミニマム財布を探していたところ、abrAsus(アブラサス)の『薄い財布』というのを発見し、当時はコレだ!!と勢いで購入したものでした。

この財布、確かにコンパクトで容量が小さいので、持ち歩くのには全く嵩張らないので、その点は良かったのですが、私の使い方だと次第に難点が出てくるようになりました。

私にとっての難点

デザインも素敵で、しばらくの間は『使い勝手は悪くないんだ』と自分に言い聞かせて使っていましたが、冷静に考えるとちょっとおかしなことになっていました。難点をまとめると、

・やっぱり容量は少ない
・その少なさにイライラすることが多くなった
・結果的に持ち物が増えた
・そして、最終的に使わなくなった・・・

容量が少ないことは最初から分かっていたことですが、いざ使い始めると『あれもない、これもない』となって、その繰り返しが続くと、イライラしてきました。

そう、心に余裕をなくしてしまったのです。

そうはいっても財布の容量は変わらないので、その中で何とかやりくりしないといけません。結果的にどうなったかというと、財布以外の持ち物が増えました・・・

写真のように、財布とは別にカードケースと100均で購入したケースを小銭入れとして使用することになりました。しばらくはこの三点セットを常に持ち歩くという事態に。

ミニマルライフを実践する!と気勢を上げていましたが、やっていることがミニマルで無くなってしまいました。折角財布をダウンサイジングしたのに、逆に持ち物を増やしては本末転倒です。

結果的にこの財布を使い続けて、『ダウンサイジング』には失敗しました。でも、後悔はしていません。今回の失敗が私の教訓となったので。財布代が勉強代になりました。

今回の教訓


今回の財布の一件で得た教訓をまとめておきます。

・財布に入れておく『モノ』の私なりの適正量が確認できた
・無理して使い続けても、心が続かない
・合わないと分かったときに『捨てる』がすぐに実行できた

まだまだ、ミニマルライフ的には甘いかもしれませんが、それでも数年前の自分よりは『判断力』がついて成長が少し進んだような気がします。これは断捨離、ミニマルライフを続けてきた効果ではないかと思います。

今までの私だったら、ダラダラ使い続けて財布がパンパン、ズボンのポケットも破けてという結果になっていたかと思いますが、今回はそうならずに済みました。

小さな事かもしれませんが、私も少し、人間的に成長し変わってきたのかもしれません。

 

持ち物を一つに集約するために

上の写真にあるように、持ち歩くものが逆に増えてしまったので、これを一つに集約するためのアイテムが無いか探していました。

そこで私が選んだのは、ソロツーリストの財布です。

ソロツーリストの財布


ソロツーリストのアイテムは、その名の通り旅行にもっていくときに便利なアイテムが揃っています。モンベルもそうですが、旅行の時だけ使うのはもったいなので普段使いにも全く問題ないです。

チェーンは外して使っていますが、『薄い財布』よりもお札や小銭、カードを入れられる量が増えたので、使い勝手は向上しました。この財布自体、それほど容量が大きいわけではないですし、極力中身は厳選して使っているので、財布がパンパンになることもありません。

お値段もリーズナブルなので、また使い勝手が悪くなったり、デザインが気に入らなくなった時には、気軽に買い替えることも出来るので、精神衛生上悪くないです。

まとめ

モノを購入するときは『勢いで買う』とやっぱり失敗しやすいです。それが本当に必要なものなのかどうなのかを、じっくり考えるこれはやっぱり大事なことですね。

断捨離のリバウンドにならないように気を付けたいと思います。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク