ミニマルライフはどんな抵抗にあっても続けていきたいと改めて決意した!


どうも。弱虫眼鏡です。

盆夏休みに帰省できなかったので、この週末に実家に帰省することにしました。ちょっと遠方にあるので、泊まりがけです。

久しぶりに、両親や兄弟と会い、電話やメールでは話せないDEEPなネタについても語り合っています。まあ、普段からあまりやり取りしているわけではないですが、定期的にはやっています。ですが、DEEPネタはこういうときでないと、話できませんね。

そんな中、私がミニマルライフを実践していることについても、両親・兄弟に話す機会があるのですが、彼らにいくら説明してもなかなか理解されないということがわかりました。

実家は『捨てられない』家

私が断捨離を始める前に、断捨離を始めたのは実家の両親が最初でした。もう何年も前になりますが、断捨離が最初のブームになったときに、実践しようとしたのは、実は両親になります。

当時は私もそれほど興味はありませんでしたが、実家の方で話題・盛り上がっていたので、そのときちょっと調べた程度でした。

両親が、断捨離!断捨離!言うので、そのときから実践しているようなのですが、私が実家に帰省する度に思うことは・・・

全く進んでない!!(むしろ更にものが増えているような気がする)

一応、今でも断捨離を進めているのか?聞いてみると、基本的には毎日やっている、これでもずいぶんものを捨てた、これからも続けていく、ということのようです。

ですが、私の感覚とはかなりズレがありました。

断捨離の進行状況にイライラする

彼ら曰く、『やっている』といいながら、相変わらずモノは溢れていますし、前回帰省した時にはなかったモノが増えていました。当人たちは捨てているはずだから、これでも広くなっていると主張します。

断捨離はもう何年も続けているようですが、どうやら捨てた以上のモノを購入しているようなのです。結果的にはモノは増えてしまっていますし、むしろ年数が立つにつれて、モノの存在は回を重ねるごとに悪化しているように思えます。

口ではやるやるといいながら、実際にモノが増えていく現象を目の当たりにしていますが、その件についてヒアリングをしました。どうやら以下のようなのです。

・どうしても減らしたいという意識が少ない、ない
・必要に迫られてない
・10年かけて、捨てれればよい
・買い換えたはずなのに、買い換え前のモノを捨てない
・同じモノがいくつもある(物量を把握できてない)
私の状況を説明するのだけれど・・・

結局後から始めた私の方が、ほとんどの断捨離を終えて、ミニマルライフに入っています。別に優越感に浸っているわけではないですが、ミニマルライフの近況を聞かれるので、説明とやり方を伝授しているのですが、中々理解が進みません。

上記理由に加えて、なにかにつけて理由をつけて回避しています。

結局私からいくら提案しても、本人たちにやる気がなければ、なにも進まないです。当ブログで実践していることを、すべて彼らにやってほしいと言うつもりはないですが、折角やるのであれば、意見を聞いてくれてもいいのになぁと思います。

むしろあまり指摘をすると、こちらの実践方法を否定され、最終的には『お前のやり方はおかしい!』と、口論になってしまいます。

じゃあ、聞くなよ!って言いたいですが。

やりたいと思っていない人に、進めても時間のムダ!

実家では断捨離してミニマルライフをやる気がないということがようやくわかってきました。そのわりには、どうやってやっているのか?きいてくるんですけど。

まあ、私の説明の仕方も悪かったのかもしれません。それでも『でも、だって』という発言が多いようです。

あまり指摘すると、半逆ギレ状態になるので、余計な消耗をするかんじになっています。

なので、もはや懇切丁寧に説明することは諦めました。

否定されても、私自身のミニマルライフは続けていきます!

私の生活ぶりを否定されますが、誰になんと言われようと、ミニマルライフを続けていく覚悟でやっています。例え、指摘する人間が親兄弟であっても、です。

そんなことで諦めるようでは、自分の人生を結局他人に支配されていることになります。そんな生活を断捨離したくて始めたミニマルライフですので、ここは譲れません。

ということで、本日改めて、ミニマルライフを続けることを決意した次第です。ぶれない心は大事だと思っています。

単に実家とは生活の基軸が異なるので相容れないので、もうそれに何とかしようとするのは、やめることにしています。

勿論、聞かれたら答えるつもりですが、適当の返事をするつもりです。

やるか、やらないかは、当人次第ですし、自発的にやらないと一時的にはモノが減っても、すぐにモノで溢れ帰る姿が想像できてしまいます。

まとめ

他人にミニマルライフを提唱するときは中途半端に説明や、説得しない方が、お互いのためです。時間をムダに使うことになるので。

自分がやりたいと思えば、やるだけにとどめておきたい。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク