ミニマリストに掃除機は不要|ホウキ生活でわかった5つの理由!



どうも.自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

ホウキを買って掃除機を使わない生活を始めました。少し時間が経過したので、本当にホウキで生活できるのか?掃除機は本当に必要ないのか?改めて考えました。

ことの発端は以下の記事を参照ください。

一方では、掃除機をベタ誉めして、もう一方ではホウキとモップを絶賛している。どちらもイイとは思いますが、共栄共存はミニマリストにはふさわしくない。

掃除用具が2系統もあってはミニマムじゃ、ない。

どっちかを選ぶことにすると決めました!


ホウキなのか掃除機なのか?どちらを選ぶのか?

本来であれば掃除機やホウキを買う前に、どんな掃除用具が必要なのか、考えませんか?自分のライフスタイルを考えて、何が必要なのか?どうやったら快適に掃除出来るか?十分考えて、『じゃあ,これ』というのが普通じゃないでしょうか?

しかし、私は優柔不断な人間ですので、決断が出来ない。あやふやな決断をして、なしくずしに購入、やっぱりダメだったケースを今まで何度も経験してます。

今回もこのパターンになりました。気を付けてはいましたが、人間中々変わらないものです。

でも決断しました!

ホウキで生活していく!と。

なぜ、ホウキで生活することを選んだのか?その5つの理由

熟慮を重ね、掃除機を捨てて、ホウキ&モップに乗り換える選択をしました。それには理由があります。

ここで、私が考えたホウキで掃除をする生活に入った理由について説明したいと思います。あんまり興味ないかもしれませんが、まあ、お付き合いくださいね☺

その1・モノが減って、掃除機をかける必要がなくなった。

まず、そもそも掃除機を使ってまで、掃除をする対象がなくなってしまったことが原因です。

掃除機って、以外と細かいところの掃除をするのに向いてます。例えば隅にたまったホコリを吸ったり、手の届かないところ、例えばテレビ台の裏とか、冷蔵庫の横とか裏とかです。ところが、断捨離してモノがなくなると、手の届かないところが、ほとんどない

手が、届くんです。

そうなると、掃除機ってなくても掃除できてしまう。ホウキや使い古しの歯ブラシなんかで、ちょいちょいやれば、ホコリは取れる。

そうなると掃除機の出番がない。

その2・掃除機のメンテナンスが面倒くさい

掃除機としては、確かに優秀なマキタのクリーナーですが、使っているうちに、ふと面倒だなと思うことが出てきました。

・充電が面倒
・紙パックを変えるのが面倒
・置き場所を考えるのが面倒
・アタッチメントを変えるのが面倒
・掃除機自体を掃除するのが面倒
・隣人を慮って,タイミングを図るのが面倒

とにかく『面倒くさい』を感じてしまうようになりました。じゃあ掃除しなきゃいいじゃないか!とツッコミを受けそうですが、それは無しです。(*_*)

ゴミ屋敷にはしたくないし、不衛生にしていると思わぬ病気になったりします。不定期であっても掃除することで精神的に気分転換する必要があるから。

その3・掃除は掃除機でやるという常識を疑った

何も『掃除は掃除機でやる』という当たり前すぎる常識。これは本当なのか?

掃除機が誕生する前の掃除って、どうやってやっていたんでしょう?私も生まれたときから、掃除機は身近にあったので、掃除機のない生活というのは、最初は想像がつきませんでした。

でも私の親の世代、祖父母の世代はどうだったでしょう?掃除機なんかありましたか?どうやって掃除してたんでしょう?

昔できなかったことが、今できるようになる。

昔できたことが、今できなくなることは、ない。

出来ない、んじゃなくて、色々やらなきゃいけないことが多くなって、忙しくなって、やらなくなっただけではないでしょうか?

モノを減らせば、昔に近づいていく。

そうなると、シンプルなもので十分。

そういうことなのかな?と。

その4・実際、ホウキで生活している人がいる

ミニマリストの生活、暮らしぶりをブログや書籍で見ることがあります。どんな生活をしているのか?参考になる部分はないか?情報収集を怠るわけにはいきません。

調べると、ホウキで生活してます!っていう人が結構いるんですね。勿論、ホウキ生活を始めて煩わしいこともあります。

掃除する時間が倍くらいかかります。

掃除機では10~15分くらいで終わっていたような感じですが、ホウキで掃除すると20~30分くらいかかっている気がします。

でも、ホウキ掃除のいいところは

・掃除をした後の達成感がいい
・ゴミが目に見えるので、見た目きれいになったのがすぐわかる
・時間がかかる分、作業に没頭して気分転換になる
ホウキで掃除っていうと、汚いんじゃないのか?って気にする人いますが、微粒子のレベルできれいにする必要って、ありますか?

目に見えない汚れ・雑菌を過剰なまでに敵視して、キレイにしようと躍起になって、やりすぎてませんか?

キレイにし過ぎて、逆にちょっとしたほこりや雑菌でアレルギーを引き起こしたりするというのを聞いたことがあります。

むしろ、普段からそういうのに慣れておけば、アレルギーは起こらないという説もあるようです(真偽は定かではないですが)

ホウキで掃けば見た目はきれいになります。それを『汚い』といわれるとどうしようもないですが,ササっとホウキで掃いて見た目がキレイになっていればそれで十分掃除できていますし,特に健康被害も出てないし問題ないです.

それよりも万年床やじゅうたん敷きっぱなしという状態にしているほうがよっぽど危ない感じがしますが・・・

床をモップ掛けしたいときは、アタッチメントを使って床拭きを定期的に行っているので、雑菌をどうにかしたいときはこれを利用すればいいんです。

その5・とにかく、掃除機捨てて、ホウキで掃除、やってみよう!

色々書きましたが、結局はやってみよう!やってみなきゃ、いいのか悪いのか、わかりません。

そりゃ、不便はあるでしょう。

うまくいかない可能性もあります。

それも経験してみないことには、いいのか、わるいのか、わからないじゃないですか!

もう回りの意見を鵜呑みにして、やらない方向に持っていきたくない。理由をつけてやらない。

そういうことをやめたい!

それもひとつの理由です。

まとめ

『掃除をする』という行為をするのであれば,私の場合、何も掃除機を使う必要もなく,ホウキで十分なことが分かりました.

取り急ぎライフスタイルが変わるまでは,あるいはどうしても欲しい掃除機が今後見つかったときまでは,当面の間このホウキ生活で掃除を続けていきたいと思っています.

なにより,手間暇はかかりますが,その分費用は掛かりませんのでミニマルライフ的には十分やっていけるのではないかと思っています.

ちなみに,マキタのハンディクリーナーはメルカリにて処分しました.クリーナーとは短い付き合いでしたが、新たなオーナー様の下で、十分な活躍をしてくれていると期待してます。

それでは,また!!