ミニマルライフはモノを捨てることだけにあらず。モノを買うことも必要不可欠!



どうも。弱虫眼鏡です。

ミニマルライフを続けると、何でもかんでも捨てるのが当たり前のことだと認識されてしまいがちですが、私はそんなことはないと思っています。

まだまだ世の中の認知度は低いミニマリスト?ですが、考え方は色々あってもよいのではないでしょうか?

私のブログでも、購入したもののレビューをする場合がありますが、そのことについて違和感を感じられる人もいらっしゃるのではないかと思いますが、私にとってのミニマルライフとは考え方が違うのだと思います。

私の考えるミニマルライフ

ストイックに捨て続け、本当に必要最低限のもので暮らすというのも、間違いではないでしょう。しかし『心の断捨離』までしてしまうのはちょっといきすぎかもしれません。

必要なものは使えばいいし、必要だと思われるものは、買えばいいのです。なにも我慢する必要はないです。その我慢する生活って、いったいなんのためにやっているんでしょうか?

もちろん、買ったまま捨てずに置いておけば、モノというのはあっという間にたまっていきます。例えば空き缶なんかは、それ以上使う価値がない?(人によっては価値のあるものかもしれないので、全否定するつもりはありません)ので、放っておくとどんどん溜まっていきますよね。

ためることに何かしらの価値を見いだせるのであれば、どんどんためましょう。でも振り替えってみて、どうも価値がないようにおもえるのならば、やはり早急に捨ててしまうことが必要です。

…前置きが長くなりましたが、購入したぶんを捨てれば、モチベーションは下がることはありませんし、新しいモノをこうにゅうしたという、満足感や高揚感を大事にしたいのです。

そして、モノに対する感謝も忘れないように心がけています。

そういう使い方をしていれば、やみくもにものが増えたり、衝動買いしてしまうといったことも防げるとおもいます。

あと、モノを刷新していくのは何もわるくないです。大事なのは『いまここ、この瞬間』なのだから。その時々で最高と思えるモノと一緒に過ごす時間というのは何者にも変えがたいでしょう。その瞬間に気に入ったモノを持ちたい。というのはアリだとおもいます。

だから何も買わない、買ったら一生モノという考え方には賛同できません。

購入時は最高だと思っても…

まあ、そうはいっても買い物するときはその時点で『最高!!』と思われるものを厳選して選んでいるつもりですが、買った後になってどうしても『これは今の自分には必要ないんじゃないか?』というものも中には出てきます。

そういうときはですね、迷わず捨てるのです👍

ミニマルライフを始める前は、迷いに迷って結局捨てることができませんでした。そして後悔の気持ちだけが残ります。後悔を繰り返していると、不思議なもので、買い物に失敗しても後悔する気持ちというのがだんだん薄れてきてしまい、最終的には何も思わなくなっていきます。

はい、こうなると汚部屋へ一直線です。汚部屋になってしまうと、なかなかそこから抜け出せない。片付けているつもりでも、一向に変化が見られない。負のスパイラル状態ですね。

だから、『捨てる』のです。

捨てるときの判定基準として、『長く使ったかどうか』は関係ありません。要するに捨てる基準がどうしても『買った値段にたいしてモトをとったかどうか』になりがちです。

それは誰かがつけたモノの値段に、あなたの気持ち・思考が囚われている証拠です。そうではなくて、古い新しいは関係なく、『今、これが必要かどうか?そうなのかそうでないのか?』に主眼をおいていれば、本当に必要なモノというのは自ずと見えてきますし、要不用も見極めがつきます。

慣れてくると、買ってから判断するのではなく買う前にも気付きができてくるようになると、ミニマルライフに一歩近づくのではないかと思います。

仮に間違って買ったとしても、私がおすすめするメルカリやリサイクルショップで早めに処分してしまえば、心へのダメージも最小限で済みます。

まとめ

捨てるのは、買ったときの金額ともとをとったかどうかで決めるのではなく、『今、それが必要かどうか?』で判断するようにすれば、ミニマルライフをもっと快適にすごせるのではないかと思っています。

それでは、また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク