ミニマリストはモテない?それともモテる?なってみた結果!

考え方
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。




ミニマリストってその人の生き方、生き様そのものなんですが、まだまだその考え方が一般的に浸透してきているとは言いがたい状況です。



おそらく、一般の人には理解がしがたい、しにくい考え方だと思います。



それはいい。



別に他の人の賞賛や共感を得たくてミニマリストをやっているわけではありません。数年前に読んだアドラー心理学。もうご存知ですよね?

続編はこちら

読んで変わったことといえばやはり、「人は人、他人は他人、それでいい」という境地に達したことです。



自分さえ良ければ・・・というよりは「まず自分が幸せになんなきゃ、始まらん」というわけです。こんな記事も書いてます。

隗より始めよ!人を幸せにする前に、自分が幸せになれ!
どうも。登山せずに、モンベルだけで日常生活を送るモンベリストブロガーの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。現在、これだけで生活してます。世の為、人のために働く、生きるってなんと素晴らしいことでしょう。この言葉、...

同類相憐れむではないですが、同じミニマリストの方々となら、共感を得やすいし、断捨離に勤しんでいる人から聞く言葉は、特にそう思います。



以前に、ミニマリストのかぜのたみさん(@kazetami )の断捨離ワークに参加させて頂いた時もそう思いました。

モンベリスト、断捨離イベントに参加して、ミニマリスト生活を振り返る
こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。1月最後の土日となりました。今年に入ってからもう、慌ただしく過ごしております。個人的なことで恐縮ですが、引越しの準備に追われております。まだ中々、カタがつかない...

何が言いたいかというとですね、自分がなりたくてなったミニマリストになった結果、何か変わったのか?どうなったのか?が知りたいですよね。



よく、「モノを捨ててスッキリしたら人生変わった」「人付き合いが変わった」「モテた」とか、断捨離した効果を耳にしたり目にしたりすることがあります。



わたしもミニマリスト、断捨離に励むようになってから幾年月が立っています。実際、その辺の効果はどうだったんでしょう?というのが気になりますよね。



わたしも心理的にはモノがなくなって、落ち着きを取り戻しつつあります。



もっとこう、具体的なことはないのか?そう、タイトルのようにモテたのか?それともモテないのか?



ミニマリストはモテる・モテないに終止符を打ちたいと思います。

スポンサーリンク

ミニマリストはモテるのか?モテないのか?

一応断っておきますが、「モテる」ためにミニマリストをやっているわけではありません。まぁ、モテたら嬉しいですけどね。



ミニマリストはモテるのかそれともモテないのか?



結論を言います。



モテない。



以上。

スポンサーリンク

ミニマリストをやってモテようと考える人、考えを改めた方が良い。

ミニマリストになる→モテる、にはなんの関係もありません。もし関連を見つけようとするなら、可能性として



ミニマリストになる→性格が明るくなる、今までの自分と何かが変わる→周りから好意的にみられる→モテる



おそらく、このようなプロセスをたどることでしょう。



だけどちょっと待ってくださいね。



これにビビッとくる人はそんなに多くないんじゃないか?ミニマリストの考え方に共感を得ることはあっても、その人がモテるモテないには何も関係ありません。



どうしてもモテたいなら、モテるための別の努力やアプローチが必要です。ミニマリストやるよりは、そっちに学習時間を割いた方がいい。



そりゃそうですよね。



モテるモテないで昔の漫画、思い出しました。いい思い出です。



英会話のスキルを磨きたいのに、算数の計算やってても、スキルは身につきませんからね。モテたいなら、それ相応の対応をするのが王道。



わたしも特にミニマリストになったからモテたという実感はありません。



ただ、ミニマリストになってから、今まで出会えなかった人たちと、出会えるようになったのは、嬉しい限りです。実生活もそうですが、ネットでも色んな人から刺激を得るようになりました。



そういうところから少しずつ自分が変化していって、外見はあまり変わらないかもしれませんが、人間的な中身が変わっていくことはあると思います。



まぁ、どちらにしてもモテるためにミニマリストをやるのはお勧めしませんよ。むしろモテないと思っていた方が良い。



現実は厳しいのです。



それでは、また。

コメント