『いびきラボ』アプリを使って,夜中に何が起こっているか確認してみた!?


先日,歯医者に行ったときに『歯がすり減っているようです.歯ぎしりとかありませんか?』と聞かれました.当然,一人身なので,歯ぎしりしているかどうかはわかりません.

ただ,医者からそう言われると誰もが不安になるのではないでしょうか?
私も,不安になる一人です.

医者からは,歯ぎしりがどうしても気になるようだったら,マウスピースを作ることをお勧めしますと言われました.

歯の摩耗がそんなにひどい状態ならすぐにお願いします,と言いたいところでしたが,よくよく聞いてみると,確かに摩耗はしているが,直ちに治療を要することではないとのこと.

医者は恐らく歯の状態を見て,アドバイスをしてくれたのだと思いますが,いきなり言われると,もう治療しなけりゃアウトなのかと思いましたが,どうやらそうではなかったのでホッとしています.

でももう少し,言い方は考えてほしかったな・・・.たくさんの患者を抱えていて忙しいのは理解するのですが,丁寧に説明して頂けると,早とちりせずに済んだのにと思います.

とにかく,『どうやら歯ぎしりしているようだ』ということが,歯医者に行って分かったので,次は,本当に夜中寝ているときに歯ぎしりしているのか否かを確かめたくなり,何かいい方法がないものかを探していました.すると,スマホアプリに良さそうなアプリがあることを突き止めました.

幾つかあるみたいなのですが,その中で私が注目したのは『いびきラボ』です.リンク

このアプリをセットして寝ると,寝ている間の音を録音して,もしいびきをかいて寝ているようであれば,録音してその強さを計測してくれるアプリです.何かの音を拾ってくれるとのことなので,いびきや寝息に紛れて『歯ぎしり』も録音されているようであれば,確認が取れるかもしれないと思いました.

早速ためしにスマホに導入!!

このアプリは無料版でお試しで3回分データが取れるそうなので,まずは無料で試してみました.録音する前に,以下をあらかじめ設定しておくことが出来ます.

・就寝までの時間:0~90分
・いびき対策:何か対策になるようなことをしているか?選べるようになっています.
・いびきの要因:体重が何キロで,お酒飲んだか,疲労してるか,喫煙は?等選べます.

私の当日の体調を踏まえて,以下を設定しました.

・時間:20分
・対策:なし
・要因:体重,お酒飲んだ,当日は鼻づまりが酷かったので,鼻づまり設定

この設定をして,スマホを枕元に置き,おやすみなさいします.アプリはきちんとガイドしてくれるので,ガイドの通り従えば間違えることはないと思います.そして翌日に確認してみると・・・

サンプリング結果

無料版なのでデータをエクスポートできないのでお見せすることは出来ません.
いびきの強さは以下の3段階で表現されます.

・大音量
・騒がしい
・穏やか

無料版では,ある一定時間だけサンプリングする設定になっているので,全部の時間いびきをかいているかどうかはわからないですが,サンプリングした時間帯ですべていびきをかいて寝ていたようです.

そして,強さですが寝始めの頃に最も音量が大きく,MAX『騒がしい』上限まで行ってました.そのあと起床までは『穏やか』レベルに落ち着いていました.あと,よく言われる『無呼吸』の状態はわかりませんでした.

あと,歯ぎしりについてですが,残念ながら今回サンプリングした時間帯の中では確認は取れませんでした.

アプリの講評

中々よくできたアプリだなと思います.有料版にすれば,全時間帯での音声サンプリングとデータのエクスポート,データの比較もできるようです.ちゃんと調べるのならば,有料版にアップグレードするのもわるくないなぁと思います.

何より,自分の意識が働いていない間のチェックというのは出来ないので,こういうアプリがあると本当に助かります.自分の寝息・いびきがどの程度か把握できるというのは,結構重要なことなのではないかと思います.今回サンプルした場合では,鼻づまりが酷く,呼吸が苦しそうなのに気づき,そういう体調の変化も睡眠には影響してそうです.

最近『ものにお金をかけるのではなく,心と体のメンテナンスにお金をかける』ことが大事なことだと思っています.質の良い睡眠を手に入れるのは,道具をそろえるだけではだめで,現実をきちんと把握することも必要かなと思います.

まとめ

本アプリは優秀で,アップグレードしても使いたいなぁと思わせる出来でした.恐らく後日導入すると思いますが,こういうお役立ちツールはぜひとも世の中に広まってほしいなと思います.
そして,有効活用して健康で過ごせるよう日々の精進のしていきます.

それでは,また!!

睡眠の専門家も絶賛!【スリーパードクターズピロー】


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク