日本の暑い夏,高校野球の夏,そして白球を追いかけなかった私の夏


東日本は生憎の雨模様です.東京では8月の雨がずっと続いているようですが,すっきりしません.私の住んでいるところも雨です.気温も低めなのでどうやら体調を崩したようです.
 
 
あなたは,『日本の夏は?』と問われたら何を想像しますか?色々あると思いますが,私の場合,やっぱり『高校野球』を思い浮かべます.
 
 
全国から集まった高校生が,甲子園で熱戦を繰り広げ,様々なドラマが生まれる高校野球というのはやっぱり独特な雰囲気があります.勿論,プロ野球もシーズン中なので,野球自体は見ることはできますが,この時期限定での熱戦がみられるのはこの時期だけです.
 
 
野球が好きか嫌いかと問われたら,『好き』と答えますが,私自身はプレーは殆どしたことないです.思い出といえば小学生の時に草野球をやったくらいです.学校から帰ってから何して遊ぶ?となったときに,サッカーor野球orその他というのが男の子の外遊び(当時は,ファミコン全盛だったので,うちで遊ぶときはほぼファミコンでしたが・・・)でしたが,野球はちょっとハンデがあり,大体がサッカーになるパターンが多かった記憶があります.
 
 
野球をする人数と道具が集まらなくて,なかなか開催に至らず,じゃあ手軽にできるサッカーや別の遊びに流れていました.当時は野球もサッカーも公園でもやってましたし,空き地もたくさんあったので,場所には事欠かなかったのですが,今では野球やサッカーなども公園で気軽に出来ないようになっていますし,見かけることも殆どなくなりました.
 

もっと,野球がやりたかった


当時の状況的に,私が野球をやるという状況になかったので,プレイヤーとしての道は早々に諦めました.少年野球も近所にはなかったですし,なにより身体が弱かったので,激しいスポーツはしばらく禁止だったため,遊びの野球までしかできませんでした.
 
 
何より,『ボールをうまく投げられない』というのがあって,子供心に野球は無理かなと思ってしまったのが,諦めを助長してました.
 
 
その代わり,野球中継などはよく見ていたのを覚えています。プレーはせずとも何となくルールや,試合の流れなどに興味をもって観戦していました.
 

夏休みは,野球見放題!!

夏休みに入ると,TVで高校野球が見れるので,殆ど毎日見ていた時もあります(当然,親には怒られて,TV禁止令が出されたこともありますが・・・).
 
 
当初は地元のチームを応援するために見ているという口実をつけて見ていましたが,地元チームは残念ながらいつも弱くて,すぐに負けてしまいます.それでも野球に興味があったので,次第に他チームの試合も見るようになり,殆どの試合を(隠れて)見るようになりました.
 
 
どうしてもTVがだめな場合は,ラジオを引っ張り出してきて聞いていたのを覚えています.ラジオ中継で野球を聴くというのも実は好きです.結局勉強やら宿題そっちのけで聞いていたので,親に怒られたのは言うまでもないですが...
 
 
興味があったのは,チームの色々なデータ(打率,本塁打数,犠打,失策,失点,投手のデータなど)で,マイデータとしてノートに記録していたほどです.そのノートを見ながらTV中継を観戦し,一人評論家のようなことをやってました・・・ちょっと痛い子ですね.
 

そして,現在は・・・ 

今でも,野球観戦といえば私の中では『高校野球』が一番見たい野球です.大学生の頃から何度か夏の甲子園球場に見に行ったりしています.甲子園球場の外野席しか行ったことないですが,炎天下の中で,外野席からみる甲子園の姿は,やはり夏にしか味わえない醍醐味です.
 
 
今では当時のようにデータを分析したり,あそこのチームがどうだとか,どの選手がすごいとかどこが優勝するとか,そういうのにはあまり興味がなく(高校球児の皆さん,ゴメンナサイ),『ただそこ(甲子園)に行って,白球を追いかける高校球児たちの熱いプレーを暑い中で観戦する』というのが,私の中で一番大事にしたいことです.
 
 
今年は残念ながら,見に行けそうにないですが(代わりに聞けるときにラジオで聞いてます),毎年やっているので来年あるいは再来年と行けるときにに行きたいなぁと思っています.
 
 
もし,甲子園球場の外野席でメガネのおっさんが一人で観戦していて,プレー毎にぶつぶつ言っているようでしたら,それは私かもしれませんが,その時はどうぞそっとしておいてください.(声をかけてくだされば,挙動不審ながら応対はさせていただきます.)

それでは,また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク