『りらくる』で60分2980円(税抜)のマッサージを体験!結構よかった!!


最近,身体の疲れが取れず特に筋肉の疲労や,肩,腰の張りが慢性的になってきていたので,何とかしたいなぁと思っていました.

ロードバイクに乗った後は,ゆっくり風呂に入ったり,かなり疲労したときには銭湯に行ったりして,次の日に疲れを残さないように勤めていました.

仕事と自転車,そしてブログの両立というのは少なからず疲労を蓄積していくもののようで,そういうケアをしていても,身体の回復力が追い付いていないような気がします.やっぱり『身体が資本』というのはよく言いますが,その通りですね.

このままでは,イカンと思い何か対策はないかと思いを巡らせていたところ,そういえば近所にマッサージの看板があったなぁ,というのを思い出しました.

『りらくる』という60分2980円の派手な看板が目印です.今回,疲労回復と効果確認のため,『りらくる』に潜入することにしました.

60分2980円は安い!?

事前にネットで調べると,確かにマッサージというのは同じ時間だと5000円以上取られるところもあり,そう考えるとなかなか安いです.

ただ,安かろう悪かろうの可能性もありそうですが,どうやら施術者によって当たり外れがある模様.ただ,コリが少しでも良くなるのであれば,モノは試しで体験することにしました.

一応ホームページを確認すると,資格を持った人が施術にあたるので,まぁそんなに変なことにはならないだろうし,口コミを見てもそんなに悪いレビューはなかったので,とにかく行ってみることにしました.

潜入

事前に予約の電話を掛けると,今すぐ来るか,2時間後に来てくださいとのことだったので,今すぐは無理なので2時間後に設定しました.人気があるのでしょうか?そんなに待たされるとは思ってなかったので,飛びこみで行かないで良かったです.

そして,2時間後に訪れると,会員カードの提示を求められましたが,当然初体験なので持っていません.受付の方に会員カードを作ってもらいました.全国の『りらくる』で使えるとのことなので,貰っておいて損はなさそうです.会員カードを無くしても,登録した電話番号を伝えれば会員とおなじ対応してくれるそうです.

あと施術前に一応,大きな病気や怪我はしていないかどうかを聞かれますので,ここは正直に答えておいた方がよさそうです.

館内に入ると,仕切りもなく施術台が10~20くらい並べてありました.内装はシックな感じなので目立つことはないです.プライベート感は皆無ですが,まあ安いのでしょうがないかと.別に見られて困るようなことはないですし,基本うつぶせなので,他人に見られることは殆どないでしょう.

リラックス効果の高い?BGMが絶えず流れていて,時折,『りらくる』の紹介アナウンスも流れてきます.

あと,担当者を指名できるようなので(指名料は取られる),お気に入りがいればその方に頼んでやってもらうことも出来るようです.コースは色々あって,館内で聞いていた限りでは30~120分コースがあるそうです.ま,今回は看板通り60分を体験しましたが.

そして施術

担当者にうつぶせになるように指示されて,施術台の上に乗ります.今回は全身ほぐしコースなのですが,『どこか気になるところはありますか?』と聞かれたので,『首,肩がつらい』と回答しておきました.首と肩を中心に全身もみほぐしてくれます.

もみ加減も強弱を伝えれば,対応してくれるので遠慮なく言ってよさそうです.結構な力で全身をもみほぐしてくれました.

途中気付いたのですが,首や肩だけでなく,腰の筋肉も相当張っているのが分かりました.それほど力を入れていないように思いましたが,首や肩は『思いのほか痛気持ちいい』感じだったのですが,腰は『ちょっと痛い』かったです.あと,以外にも左足のふくらはぎが張っていて,術後は気になるほどではないですが,ちょっと『もみ返し』があるように感じました,

基本9割方はうつぶせ状態で,最後にあおむけで頭や,肩などをやってくれます.総評ですが,タイトルにもあるように,術後はスッキリして『結構よかった』です.価格もリーズナブルですし,サービスなど気にしなければ,十分ではないかと思います.

あと,少しだけ気になった点を如何に書きます.
・電話が鳴ると,術者が対応に出るようで,一時中断が何度かあった
・人気らしく,待ち時間が長そう.電話の応対を聴いていると,予約をあきらめる人もいた
 (他店舗に行くか,別の日にしているかも)

まとめ

ひと通りのマッサージはやってくれますし,リーズナブルなのでGOODです.また機会があれば行ってみたいなぁと思います.もう一度同じ店舗に行くのもいいし,別の店舗に行って違いを体験するのも良さそうです.

何より,マッサージで身体の張りが少し取れたような気がするので,これが一番良かったと思います.

それでは,また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク