無印良品の掃除用品システム|揃えておきたい4点セットはこれだ!

日用雑貨

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

掃除は掃除機をつかう。これは常識ですよね。私もそう思っています。やっぱり掃除機使って掃除するのって、楽ですよね。

 

って、ちょっと待ってください。

掃除機かけるのって、本当に楽ですか?

以外と苦痛だったりしませんか?

 

それはなぜでしょう?掃除機って、結構嵩張るし、重たいですね。配線コードがあるタイプは、パワーはあるものの、配線が邪魔くさいですし、家の大きさによっては電源をどこでとるのか、コードをいちいち取り外して取り付けないといけないので、面倒です。

 

そう思って、マキタのハンディークリーナーを導入しました。コチラを導入したことで、配線コードの取り回しの煩わしさは解消できました。

 

 

しかし、本当にこれで良かったのか?掃除機を使うことが本当に良いことなのか、改めて考え直してみました。

掃除機を使って掃除するのは本当に必要なことなのか?

マキタのハンディクリーナーには何の落ち度もありません。ネットでも評判なのは理解できます。使いやすさは実感してます。

 

掃除機は電気を使います。当たり前ですね。もしかして電気代ケチろうとしてる?と思いませんでしたか?

 

無理して生活費を削り、電気代をケチろうと言うわけではありません。バッテリーの充電なんて、そんなに電気代かからないでしょうし、毎日長時間掃除機かけることもありません。

 

だから、電気代を気にするのは論外。

そういうことではないのです。それよりも、

 

ミニマリストの中には

掃除機、持ってません。

っていう人もいました。

掃除機かける煩わしさから解放された。とか。

 

本当かな?

 

じゃあ、やってみよう!!掃除機、捨ててみようと。

無印良品の掃除用品システム

掃除機に代わって床掃除をするためには何を使うか?というのが焦点になります。もちろん、掃除をしないというのは論外です(“⌒∇⌒”)

 

見た目なにもなさそうに見えて、ホコリや髪の毛、などが溜まってきます。そういうものを放置しておくのは精神的にも衛生的にも良くないです。

 

で、選んだのがホウキモップです。

 

当初は雑巾がけすればいいかと思ってました。しばらく、雑巾がけしてましたが、これは大変な重労働😵💦膝や腰が直ぐに悲鳴をあげました。また、年のせいか、次の日に背中と、太ももが筋肉痛になるという始末…

 

気持ちが続きませんよ。

 

雑巾がけ作戦は早々に諦めて、ホウキとモップに変更しました。掃除は手早く楽にやりたいですからね。

で、見つけたのが、無印良品の掃除用具システム

 

そうです。ミニマリストに大人気の無印良品にちょうどよさげな、ホウキとモップがありました。実際に私が購入したものは、以下になります。

4点購入しても、2000円でお釣りが来ます。掃除機を購入するよりは、安いです。

 

無印良品の店舗で購入しても良いですが、LOHACOを使って購入するのもありです。送料無料のハードルが無印良品よりも下がりますからね。

 

アルミ伸縮式ポールをベースに、フローリングモップホウキを用途にあわせて、入れ換えることができます。ホウキやモップなど、通常長尺のものは何本も購入すると萎えますが、掃除用品システムはヘッドだけとり変えれば済むので、いい。d(≧∀≦)b

 

アタッチメントは他にも色々あります。用途にあわせて使い分けもできますが、私の場合はとりあえず床掃除だけでいいので、ここまでの購入にしました。

ホウキは、柔らかくコシのある毛を使っているので掃除しやすい

ホウキは、毛の部分が2~3cm位ある短いタイプ。小学生の頃、このタイプのほうきで教室を掃除していたのを覚えています。

 

懐かしいですね~😜

 

今でもこのほうきで、学校は掃除しているんでしょうか?

 

毛は馬毛で柔らかいので、フローリングの床を傷つけることはありません。また、コシも十分あるので、細かいゴミもしっかり集めることが出来ます.軽量なので、掃除機のように使ってて、重くて疲れることはありません。

 

掃除機と違うのは、ホウキ集めるだけなので、最後はちりとりを使います。

フローリングモップはお掃除シートを取り付けられる

フローリングモップは、雑巾やお掃除シートを挟む★型の穴が四隅に空いてます。ここに雑巾やシートの端を押し込むと、固定される仕組みです。他社製品にも同じものはありますが、それとほとんど変わりません。使ったことのある人なら、全く問題なく使えます。

 

シートの場合は掃除が終わったあと、外してゴミ箱にポイっとすれば、手も汚れにくくて簡単です。

 

フローリングモップはさらに、専用のマイクロファイバーモップを取り付けられるようになっています。裏のカバーを外すと、マジックテープになっていて、フローリングモップと合体することができます。乾拭きしたい!という要求があれば、マイクロファイバーモップを購入してもいいかもしれませんね。

アルミ伸縮式ポールは、掃除用品システムのベースとなる必須アイテム!

アルミ伸縮ポールは掃除用品システムにおける重要パーツです!これがなければ、掃除が成立しませんし、そもそもホウキもモップも購入してなかったかも知れません。

 

ポールの真ん中に固定のロックがあります。突っ張り棒と同じですね。そして先端にはアタッチメントをロックする突起がついています。これで、ホウキやモップを使っているときにも外れません。

 

アルミ製なのでポール自身も軽いです。ホウキあるいはモップを取り付けてもも軽いので、非常に楽です。

 

私は収納のことを考えて、アルミ伸縮ポールを購入しましたが、伸縮機能が必要なければ木製ポールもあります。必要に応じて、ポールを選択すればいいです。

掃除用品システムのデメリットは?

では掃除用品システムのデメリットってなんでしょう?製品のデメリットについても書くのが私の流儀。これらを使って私が感じたデメリットを以下に書きます。

・プラスチックなので強度が不安
・もう少しコンパクトにならないか?

まぁ、強度に関しては割りきって使うしかないでしょう。アルミ伸縮ポールですがもう少し短くなれば、収納も楽になるんですが、コストに見合いませんかね?

 

無印良品様、どうか検討をお願いします。

まとめ

無印良品の掃除用品システムを使って、掃除機に頼らない生活を始めました。結果、普通に掃除できてます。ホウキとモップがあれば、掃除機なくともいいみたいです。

 

どこまで掃除機なし生活を続けられるかな?

 

それでは、また!!

 

コメント