無印良品の掃除用システムシリーズがあれば,もう掃除機はいらない?!


以前にマキタのハンディークリーナーを絶賛?していましたが(参考:マキタのハンディクリーナーはお手軽に掃除できるので,主婦も一人暮らしもオススメ),本当にこれで良かったのか,改めて見直しを考えていました.
 
 
勿論マキタクリーナーには何の落ち度もないのですが,唯一引っかかっていたのが,『電気を使う』という点です.別に無理して電気代をケチろうとかそんなことは考えていないのですが,ただ,他のミニマリストの方々の中には『掃除機が無くても,掃除は何とかなる』という意見もあり,じゃあ本当に何とかなるのかな?と思いました.
 
 
床の掃除ということであれば,ホウキとモップですが,別々に購入すると長尺のものが二つになり,これが結構かさばるのが難点です.ホウキはともかく,モップは別に雑巾がけすれば必要ないという意見が出そうですが,雑巾がけは屈んだりするので,腰や膝が痛くなります.我慢するの嫌いですし,掃除は楽にやりたいのでモップも使いたいと思います.
 
 
たまたま,無印良品の掃除用品コーナーを覗いていたところ,上記を解決する素敵な商品を見つけてしまいました.先端のホウキと長尺が取り外し可能で,モップに差し替えが出来るようです.

掃除用システムシリーズ

掃除機不要のミニマムライフが成立するのかどうか,試してみたくなり下記を購入しました.
・フローリングモップ 490円
・ほうき       490円
・アルミ伸縮式ポール 390円
写真でも分かるように,ポールを差し替えれば,ホウキとしてあるいはモップとして使うことが出来ます.アタッチメントとして,他にも色々なアイテムがあるみたいですが,とりあえず今回はここまでの購入にとどめました.

ほうき

毛の部分は馬毛なので,床を傷つけることはなく,ゴミも細かいものも集めることが出来ます.実際に使ってみると,やはり軽いですしゴミも十分集めることが出来るので,問題なく使えます.ただ掃除機と違うのは,当たり前のことですが『集める』だけなので,最後はちり取りか何かを使わないといけません.とりあえず今回は,集めて玄関に.玄関には外用のホウキとちり取りがあるので,それを使ってゴミ箱へという流れにしました.
 
 
私の構想としては,このホウキは室内用として使うつもりです.ただ『ちり取り』はやっぱりあったほうがいいように思うので,今後購入を検討しようかと考え中.このホウキとセットで使える無印の専用ちり取りは190円なので,まぁ購入しても大きな出費にはなりませんね.
 

フローリングモップ

 
見た目は,ク〇ックル〇イパーとほとんど変わりません.フローリングを拭くシートを挟む穴が四隅にあります.使い勝手も他社製品とほとんど変わりません.今回は雑巾を使って床を拭きましたが特にやりづらいとか,そういうのはありませんでした.
 
 
このモップはそれだけでなく,アタッチメントとしてマイクロファイバーのモップを取り付けられるようになっています.裏のカバーを外すと,マジックテープがついているので,このテープとモップをくっつけて使うようです.マイクロファイバーモップも490円なので,購入を検討する価値はあるかと思いますが,当面は雑巾やシートで対応しようと思います.

アルミ伸縮式ポール

このポールが無ければ,購入を見送ったかもしれない重要パーツだと思っています.写真のように真ん中に固定のロックがついています.いわゆる,突っ張り棒もこのタイプの固定式で,要領は同じです,そして先端にホウキ&モップを取り付けたときにロックする突起がついていて,使用中に外れることはほぼないと思います.
 
 
ポール自身も軽く,ホウキ&モップも軽いので,取り回しは非常に楽です.伸縮が必要なければ,無印では木製のポールと,アルミの短ポールが売られています.私は,屈むのが嫌なのと,収納時にかさばらないように,伸縮タイプを選びました.これで正解と思います.
 
 

まとめ

 
これらの掃除用品を駆使すれば,床の掃除は掃除機がなくとも出来ることは確認できました.あとは,高いところや細かいところの掃除をどうするかですが,そもそもモノがないので,床掃除くらいしかするところがないです.
 
 
このままいくと掃除機の出番はなくなりそうな予感がしますが,さて・・・
 
 
それでは,また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク