ミニマリストはドラゴンクエスト?少ない装備で魔王(人生)を倒す冒険



どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

少ないモノでいかに生活をやりくりして、快適に過ごせるか?ミニマリストの習慣とはこんなものです。勿論、必要最低限のものは持つようにしていますが、その持ち物って、何でもよい、というわけにはいかないです。

モノは必要最低限。

装備はできるだけよいものがいい。

冒険を長く続けるために。

これって、思い当たることありませんか?私のようにアラフォー世代なら、ピンと来るというか、来てほしいです。

小学生時代に流行ったゲーム。そう、

ドラゴンクエストです。


一斉風靡したファミコンとドラゴンクエスト

同世代の方なら理解してもらえると思いますが、ドラゴンクエストといえば、ファミコンの代名詞といってもいいくらいのゲームです。

私もファミコンどっぷり世代ですので、当時は勉強そっちのけ?で貪るように毎日プレーしてました。当然、やり過ぎて親に何度も怒られてました。それでも、寝る間を惜しんでレベルアップに励んだり、親にファミコン禁止令を出されながらも、親の目を盗んでプレイしていたくらいです。

ドラゴンクエストの世界観は今でも好きです。王道RPGではありますが、当時少年達の心をつかんで離さなかったのも理解ができます。

そして今、改めてドラゴンクエストの世界観を考えると、どうもミニマリストと切っては切れない関係にあるように思えてなりません。

ということで、ミニマリストとドラゴンクエストの共通点を考えてみました。

ミニマリストはリアルドラゴンクエスト?

今、ミニマリストとして生活をしていると、これは、ドラゴンクエストをそのまま実生活で実践しているのではないか?と思いました。

そう思う理由がいくつかあります。

初期のドラゴンクエストは装備品も含めて、ゲーム上で持てる道具の数が決まっていました.例えば,『やくそう』や『かぎ』といったアイテムは何個までと決まっていました。

それらのアイテムが尽きたときは、街のお店で買い物をして、補充しなければなりません。しかも持てる数が決まっているので、それらを上手く使いこなせないと、ゲームの進行が詰まる場合もありました。

冒険を進めていくと、こちらもレベルアップしていきますが、敵もドンドン強くなっていきます。冒険を有利に進めるためには、装備品も強力な武器・防具を購入しなくてはなりません。元の装備品はどうするかというと、これも枠が決まっているので、売ったり捨てたりしないと、買い換えることができません。

また、ストーリーの進行上,売ったり捨てられない重要なアイテムもあるので、お店で買えるものと、重要アイテムを使うタイミングを図らないと行けません。

とにかく、ドラゴンクエストでは、

持てるものには限りがあるのが当たり前でした。

ドラゴンクエストに学ぶ、ミニマリストが魔王(人生)と戦う方法!

ドラゴンクエストではアイテムの取捨選択が非常に重要でした。それって、まさに人生も同じじゃないか?もっと言うと、ミニマリストと同じじゃないか?ということに気づきました。

ミニマリストも少ない厳選されたモノでどうやって生活するか?持ち物のアップグレードと捨てるタイミングをいつにするか?そして、人生という魔王に立ち向かうミニマリスト。。。

まさにリアルでドラゴンクエストをやっているように思うのは私だけでしょうか?

強力な武器防具(モノ)を買うためにモンスター(仕事)を退治して,お金を稼ぎ,装備を揃え,次なるイベントへ進み,最終的にはボスを倒して平和をつかむ.大まかにドラゴンクエストはそういうストーリーですが、今われわれがやっていることも大差がないような気がします.

まあ,実際に魔王がいるわけでもなく、平和のために戦っているわけでもなく、旅をしているわけでもないので、ドラゴンクエストの世界観に比べて、スケールは全く小さいかもしれませんが、それでも私自身が紡ぐRPGは結局,私が『主人公』なので,他に代わりがききません.どんな醜悪なストーリだったとしても、力尽きるまで私のRPGをプレイし続けるしかないです。

ドラゴンクエストの主人公は、魔王を倒すという旅の目的がしっかりありました。一方、私はというと、旅の最終目的を見極めるのは難しく、戦うべきボスキャラの存在も分からず、なんのために旅を続けているのかわからないような気がします。

ただ一度始めた冒険は、降りることができません。人生という旅を続けなくてはなりません。そんなときに、装備品や道具、つまりモノを増やしすぎて、旅が続けられなくならないようにしたいです。

魔王に世界を明け渡してはいけないので(“⌒∇⌒”)

まとめ

ミニマリストはリアルなドラゴンクエストを人生をかけてプレイしていることに気がつきました。持ち物が多いと、旅は続けられません。これからも打倒魔王のために、アイテムは最低限、装備品は最強装備でいきたいと思います。

それでは、また!!