モンベルのポケッタブルライトショルダー|たたみ方も超簡単なバッグ!

どうも。

登山せずに、モンベルだけで日常生活を送るモンベリスト、ブロガーの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。

現在、これだけで生活してます。

モンベルには、様々なバッグが存在します。

リュックだったり、トートだったり、ショルダーバッグ。ビジネスバッグもあります。

それぞれ、用途を考えて作られているので【わたしは、○○に使いたい】というニーズに、幅広く応じてくれます。

例えば、わたしが愛用している【トライパック30】ですが、ビジネスにも使える、サラリーマンにはありがたいバッグです。

このように用途に合わせてモンベルは様々なバッグを提供しているんですね。

その都度、購入していてはお金がいくらあっても足りません。

豊富な種類の中から、如何に自分の生活やスタイルにあったバッグを選ぶ、コレが需要です。

わたしの場合、メインのバッグはトライパック30で問題ないんですが、ちょっと出掛ける、ちょっとなにかを持ち運びたい!そういうときだと、トライパック30だと大きくて嵩張るんですね。

大きなバッグを持ち歩かずに、小さなバッグで過ごしたい!

たまには、ショルダーバッグで街に繰り出したい!

そんな日もあります。

ただ、あくまでもメインはトライパック30

バッグって、以外と嵩張るんですよね。トライパック30は仕方ないとして、ミニマリストとしては、他のバッグは出来るだけにコンパクトにしたい。

サブ的に使いたい!

そんな望みを叶えてくれるのが、そう、今回ご紹介する、モンベルのポケッタブルライトショルダーです。

モンベルのポケッタブルライトショルダーをレビュー~その特徴は?

こちらが、モンベルのポケッタブルライトショルダーです。

どうですか?

非常にシンプルなショルダーバッグですね。

先程も書いたように、わたしは通常、ビジネスにもカジュアルにも使える、トライパック30を愛用しています。

が、ちょっとしたお出かけのとき、あるいは少し気分を変えたいときには、ポケッタブルライトショルダーを使います。

写真だけ見ると、特になんの特徴もない、ショルダーバッグに見えるかもしれません。

ところが、このポケッタブルライトショルダー、特徴がないどころか、大有りなんですね。

モンベルのポケッタブルライトショルダーをレビュー~以外と大容量

モンベルのポケッタブルライトショルダーは、サイズが3種類あります。

一般的なサイズの分類のように、S、M、Lの3種類です。その中でわたしがレビューするのは、Sサイズのものになります。

なぜSにしたかって?

それは、トライパック30があるからです。大容量の荷物を運ぶときは、トライパック30

荷物を運ぶ必要がない場合は、ポケッタブルライトショルダーと役割を完全に分けて使っています。

ミニマリスト的にはこの区別が重要です。

すべてを賄えると、どちらかが不要になってしまいますからね。

ポケッタブルライトショルダーですが、小振りな外見は上の写真のとおり、そんなに大きくありません。

生地は撥水性に優れた素材を使っていますが、とてもペラペラです。中に硬いものを入れておくと、かなりごつごつします。

そういうシロモノですから、クッション性はありません。

外から何か衝撃を受けたとき、モロに中のものに伝わってしまうので、ぶつけたり、落としたりしないようにしましょうね。

で、実際どのくらいのものが、ポケッタブルライトショルダーに入るのでしょう?写真にもある通り、以下のもを入れてみました。

サーモスの水筒
・折り畳み傘
楽天kobo
・ティッシュや常備薬,小物

実際にポケッタブルライトショルダーにこれらのものを入れてみたのが、上の写真。

これでいっぱいいっぱいというわけではなく、もう少しなら入りそうですね。

ペラペラ素材が、逆に収納力があるみたいです(*^^*)

モンベルのポケッタブルライトショルダーをレビュー~ポケットは2箇所

メイン収納以外に、ポケッタブルライトショルダーにはポケットが2つあります。

ひとつは、メインポケット。もうひとつは、サイドポケット。

それぞれ役割が違います。

メインのポケットは、広口で、結構大容量です。

逆にそのペラペラ素材が功を奏して、モノが結構入るんですよね。

メインのポケットにモノがあまり入っていないなければ、よりたくさんのモノを入れられます。

もうひとつ。サイドポケットですが、コチラはメッシュ上になっています。

見た目から察して貰えると思いますが、主にペットボトルなどのドリンクを格納するのに最適です。

例えば、コンビニで売られている、350mlくらいのペットボトルや、缶ボトルをここに収納すると、ピッタリです。

500mlのペットボトルになると、ちょっと大きすぎるかな?なにより、重量が重くなります(笑)

あるいはわたしもやったように、このドリンクホルダーに、サーモスの水筒を、カバーごと格納することもできます。

カバーごと格納すると、少し取り出しづらくなるので要注意です。

メインポケットがどうしても一杯一杯だというときは、サブポケットやメッシュポケットを活用すると、いいでしょう。

モンベルのポケッタブルライトショルダーをレビュー~肩紐の使い勝手は?

モンベルのポケッタブルライトショルダーは、肩掛けカバンです。

体型や肩の大きさ、形に会わせて、調整可能です。

調節方法は、上記の写真にあるように、アジャスターをつかって調整します。

調節するときは、ツマミというか紐の部分を引っ張ると、ロックが外れる仕組みになっています。

ロックを外すと、肩紐は自由に調整することができます。

ロックはパチン式ですので、固定する際はツマミの部分を押し込めば、ロックされます。

ロックのキープ力はかなりの力なので、ちょっとやそっとでは、外れません。安心して使えますね。

モンベルのポケッタブルライトショルダーをレビュー~ペラペラ素材のメリット

モンベルのポケッタブルライトショルダーは、ペラペラ素材でできています。

正確には、70デニール・ナイロン・リップストップ[ウレタン・コーティング]という素材でできています。

ナイロン製なので、多少は水を弾きますが、過度の期待は禁物です。

ずぶ濡れにならないように注意しましょう。

何度か通勤に使ったこともあります。雨に遭遇したことも何度かありましたが、大雨でなかったこともあり、中まで浸透することはありませんでした。

もしかすると、台風並みの暴風雨でビショビショになるような大雨だったら、どうなるかは分かりません。

モンベルのポケッタブルライトショルダーをレビュー~しまい方は?

モンベルのポケッタブルライトショルダーは、その名が示す通り【ポケッタブル】な状態にすることができます。

バッグとして使わないときは、たたんでコンパクトに仕舞えるんですね。

実際、どうやってコンパクトな状態にするか?ですが、そのしまい方を解説します。手順は以下です。

・メインポケットを開く

・ポケットの底を、ポケットからつまみ出す。

・ポケットの中身をひっくり返す

・メインポケット口のファスナーを閉じる

どうですか?簡単でしょ?

こうすれば、上の写真のような状態になります。

ポケッタブル状態になった、ポケッタブルライトショルダーの大きさはどれくらいか?

目安が分からないので,サーモスの水筒350mlと比較しました。

一回り大きいくらいです。

この大きさであれば、例えばトライパック30の中に忍ばせて、旅行先で取り出し、必要最低限のものだけ持って歩くということもできます。

実際、海外出張したときに、ポケッタブルライトショルダーをポケッタブル状態にして、持っていき、役に立ってくれました。

そのときのレビューはコチラ。

どうも。 登山せずに、モンベルだけで日常生活を送るモンベリスト、ブロガーの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。 現在、...
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 約1週間のご無沙汰となりました。久...

まとめ

モンベルのポケッタブルライトショルダーは、軽量&コンパクトで、どんなところにも持っていける、汎用性の高い、バッグです。

またポケッタブル状態にするのに、しまい方もとっても簡単。

お手軽にしまえるところもポイントが高いですね。

モノをそんなに持ち歩きたくないとき、大きいバッグが煩わしいなぁ、と感じたとき、ポケッタブルライトショルダーを使ってみるのもいいですね。

それでは、また!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする