ロードバイクでガス欠?持っていきたい補給食

ロードバイク
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



実はわたし、ロードバイクに乗っているんです。知らなかったですか?



ひとりでフラッと適当に遠出することがあります。ある時は片道50kmくらい平坦な道を走ったり、山や峠を走ったり(キツイのであまりやりません)。



割といろんなところ回ってます。



ロードバイク、慣れれば結構距離走ることができるんですけど、それは体力次第。もともと体力のない方なので、持久走自体が苦手です。



頑張れるうちはいいんですが、体力が尽きてしまうと、身体に力が入らなくなります。一度峠の中腹で体力がなくなり、引き返した悪しき記憶があります。


俗に言う「ガス欠」状態だったんですね。



それを教訓として、その後は「補給食を絶対に持っていく」ことにしています。

スポンサーリンク

ロードバイクに乗るときに持っていく補給食とは?

結論を先に言ってしまうと、何を補給食に持っていくか?



それは「ようかん」です。



ようかん?ようかんって、あのようかんですよ。

コレです。

ようかんって、甘いですよね。その甘さが、極限状態だと素早く体に栄養が周りチャージする。



山で遭難したときに、チョコレートひとかけ持っていたから助かったってのも聞いたことありますよね。



モンベルショップに通うといろいろなアイテム、売っているんですが、実は食品も売ってます。そして、実は「ようかん」も売っているんです。

モンベルの補給食|チョコようかんでスポーツと災害時に備えよう!
どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。 年末年始は如何でしたか?正月料理を食べ過ぎて、ちょっと太ったかも?と思いながらも、なかなか通常運転には戻れません。 私も正月は久しぶりに帰省し、殆ど毎日のように酒を飲んで、正月料理を...

モンベルのようかんでもいいですが、ロードバイク乗ってふらふらになっているときに、ようかん食べると、回復力がハンパないです!



この間、身をもって体験してきましたからね。

ロードバイクで体力をなくしたとき、ようかんを食べたらガス欠解消!

ロードバイクで何十キロも走破するには、体力とカロリーを気にしながら走らなくてはなりません。



結構、消耗するんですよね。体力。



ロードバイクの本にも、補給食の重要性は書いてあります。こまめに食事をとって走りましょう。みたいなことが書いてあるんです。



補給食としては、以下のものがよく知られています。

・ようかん

・ゼリー

・チョコレート

・カロリーメイト的なもの



この中でわたしが実際に食べてみてお勧めしたいのが、ようかんです。



先日ロードバイク乗っていたときに、お腹が空いたのでコンビニに寄ったんですが、疲労困憊だったので、咀嚼が大変な固形物は食べたくなかったんです。



10秒チャージのゼリーも売っていたんですが、もうちょっと腹持ちのいいものが欲しい。ゼリーも即効性はあるので、よく使うんですが、この時は物足りなくって。



コンビニでウロウロしていたら、『ようかん』が陳列されているのが目に飛び込んできたので、思わず購入してしまいましたw



コンビニ立ち寄ったときは終盤だったので、我慢して走りきり帰宅という選択肢もあったのですが、正直走り切れる自信がありませんでした。 



ようかんを食して、ゼリーと比較して感じた点は、以下です。



・即効性はゼリーほどはないが、早めに栄養が体に回る。

・持続力はゼリーよりも効いている時間が長いような気がした。

・腹持ちもゼリーより良い



ようかんがこんなにも、良いものだったとは!知りませんでした。祖父母のうちに行ったときに出てくる「おやつ」だったものが、実は優秀な補給食になるとは。


ようかんはおやつにもなるし補給食にもなる!

伝統ある食品ですが、災害時に飢えをしのいだり、登山やロードバイクに乗った時の補給食になるんですね。


ようかんの凄さを目の当たりにしましたね。



ミニマリスト的には在庫不要と思っていますが、ようかんだったら、常用できるしいざとなったら、非常食にもなるので、ストック持っておいてもいいかなぁ?って思います。



それでは、また!


コメント