ミニマリストの食生活|メリハリをつけた1週間の食事内容を公開!

生活

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

 

モノはかなり捨てました。そろそろモノ自体、厳選されたものだけなりつつあり、ちょうど過渡期にあります。断捨離は、まだまだやろうと思えばできます。

 

以前、自炊をやめて、食費を節約した記事を書きました。普通、自炊を止めると食費が増える傾向にあるので、普通なら???ですが、私の場合は、逆に節約になってしまいました。

自炊をやめたのは、2017年6月からなので、現在まで約2ヶ月、自炊は全くやってません。それは継続しています。外食か中食で全て済ましています。というか、キッチン用品をすべて処分したので、もはや自炊することはできません。

 

今あるキッチン用具と言えば、

くらいです。これでは、調理したくてもできませんよね(笑)どうやってやるんでしょう?😅

 

自炊をやめて空いた時間をブログ制作やネタ探しに充てています。時間的に少し余裕が生まれているのは確かだと思います。

 

包丁と食器を断捨離|背水の陣で臨む、自炊をしない生活をスタート!

外食や中食ばかりしていると、気になることありますよね?健康上問題ないのか?

 

結論からいうと、今のところ問題ありません。

元気です😁😅

 

食事に対してストレスを抱えなくて済むのはいいこと

暴飲暴食をしなければ、健康を害することもないし、食費をさらに切り詰めて、断食もしてません。

 

食べたいときに、食べたいものを、食べる

飲みたいときに、飲みたいものを、飲む

 

特になにも気を付けてません。体重が急激に増えたとかもありませんし、身体がダルいとかつらいとかはありません。まぁ、自炊やめて2ヶ月程度ですから、そんなにすぐに悪化するとも思えませんが。

 

あと心がけているのが、食事にメリハリをつける。これだけでも、ストレスを抱えにくいと思います。

 

もうひとつ、気を付けていることは、極端に食費を切り詰めないことです。

 

ついつい、限界までやったらどうなるの?ってやりがちですが、栄養失調になって病気になってしまっては、何の意味もありません。あくまで健康的に楽しくヤルのがモットーです。病気を抱えながら、痛々しく節約ってなんのためにやってるかわかりませんよ。

 

断食は実はやってみたことあります。最日を我慢するのが大変でしたが、2日目は逆に気分が軽くなり、何とか乗り切ることができました。結局、断食したのは3日間でしたが、3日間くらいであれば、多少食事を切り詰めてもなんとかなるのかなぁ、と思います。いうまでもないことですが、断食は健康を害する恐れがあるので,万人にお勧めする方法ではありません。やってみようという方は自己責任でお願いします。

 

ミニマリストの食生活を公開します。どうぞご参考に。

前置きが長くなりましたが、現在の私のある一週間の食生活パターンをまとめました。

 月~木土、日
ミューズリー同左ミューズリー
ソバ(会社食堂)同左なしor朝と兼用

納豆、惣菜
ミューズリー
魚肉ソーセージ

ひとり外食

食べたいものを
選んで食べる

※飲みがある場合、夕食はこの限りではない

 

週末の夜、あるいは土日の夜は、ひとり外食で好きなもの食べにいきます。平日はちょっと物足りない感じがしますが、慣れればなんともないです。

 

週末に食事をちょっと豪華?にすることで、モチベーションを上げています。週7で同じメニューであれば、もっと切り詰めることもできますが、やる気がないのでやってません。

 

やっぱり、食事は楽しみたいじゃないですか!

美味しいもの、食べたいじゃないですか!

 

実際このペースを守ることによって、食費を1万円の削減に成功しました。週末と土日の外食を控えれば、さらにもっと節約することも可能です。

 

今のところ、切り詰めるつもりはないので、当面このスタンスでいきます。

 

外食・中食のときに、なるべく値札を見ないようにする

あと、極力心がけているのが、先に値段を見ない

 

ついつい、値段を見てから、食べるものを決めてしまいがちです。先に値段を見てしまうと、値段ありきのオーダーになってしまい、本当に食べたいもの、ほしいものを置き去りに注文してしまう可能性が上がります。

 

自分の心に嘘をついてしまうんですね。

 

常に、決定権は自分にあり、自分で決める!という訓練をこういうときにしておきましょう。

 

食事を頂くときに、自分の心に嘘をつくことほど、みっともないと思います。

 

まとめ

ミニマリストの食生活を公開しました。心がけをまとめますと、

・食べたいもの、飲みたいものを頼む
・平日は同じもの、週末は好きなものを食べる
・値段を先に見ない
万人にオススメの方法ではありませんが、参考になれば嬉しいです。
 
 

それでは、また!!

コメント