モンベルのドライテックサーマシェルパンツ|大雨でも濡れない高防水!


どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

今日は関東圏が狙い撃ちされたかのような大雨でした!滝のような雨というのはこういう振り方を言うんじゃないでしょうか?

幸い朝の通勤時には全く雨に当たることもなかったのですが、帰りはどしゃ降り!!(@ ̄□ ̄@;)!!

避難勧告が出されたところもありました。

私、雨の日は嫌いです。

なぜかって?

濡れるからですよ!!

濡れた衣服で一日を過ごすのって本当に嫌です。あのまとわりつく感覚が嫌。干して乾かしたいと思っても、出先では難しいですよね。

じゃあ、レインウエアというかカッパというかそういうものを着ればいい、と思いますよね?上半身は大丈夫ですが、下半身までカバーとなると、ちょっと厳しいです。

大体ずぶ濡れになるとき、上半身は傘を指して歩くので、それほど濡れてない時が多い。

問題は下半身。

靴とズボンがいつもビジョビジョなのは、私だけでしょうか?そして靴下までも水浸し💦

なんとかならないものでしょうか?カッパやレインパンツを余分に持ち歩くのも面倒だし。

ということで、ここはモンベリストらしく、モンベルで雨の日に濡れずにすむパンツがないかを探しました。それに見合うパンツを発見しました!それがドライテックサーマシェルパンツです! 

モンベルのドライテックサーマシェルパンツ。厚手の防水パンツ!

こちらがモンベルのドライテックサーマシェルパンツ。厚手タイプの生地です。外側は防水および防風タイプの生地になっています。また、裏地はフリースの起毛になっています。

ライトトレッキングパンツは中厚手の生地で、こちらに比べるとかなりの生地厚さがあります。

最大の特徴はなんといっても、防水性!

これがなかったら購入してません。

実際防水性はどうかというと、抜群の性能です!雨の日には積極的に履いてますが、水を弾いてくれます!このパンツのお陰でほとんど濡れません。

あと、履いてて気づいたのですが、くるぶしの辺りがいちばん濡れやすい。ここから靴の方にも浸透してしまうのですが、こちらのパンツでカバーしてやると、そこからの浸水も防げます。短靴ではちょっと難しいので、雨の日は、やっぱり長めのブーツ等にしたほうがいいです。

機能的なポケットが3つ。ちょっとした収納にも困りません。

 ドライテックサーマシェルパンツには、サイドポケットが2つに、後ろポケットが1つ付いています。いずれもファスナー付きなので、ファスナーをキチンと閉めておけば、モノが飛び出て落ちるということもありません。

後ろのポケットはこちら。右側についてます。モンベルのロゴも見えますね。

あと、このパンツ、ベルトの代わりにナイロン性のバックルがついてます。伸縮自在でウエストの調整も楽々です。ちょっとくらいサイズが変わっても大丈夫。

厚手の生地が暖かい。冬は防水&保温&防風でとてもあったかい!

ドライテックサーマシェルパンツはこれだけではありません。厚手の生地がとても暖かいんです。

購入したのは夏ですが、正直夏場は暑かった💦しかし、冬になると、その厚手の生地の効果を十二分に発揮してくれています。

裏地が起毛なのと、風を通さない防風きじが、パンツの保温効果を高めています。

ドライテックサーマシェルパンツのデメリットは何?

メリットばかりでなく、デメリットも書くのが私の流儀。 ドライテックサーマシェルパンツのデメリットを以下にかいておきますね。

・左側お尻にポケットがない
・シルエットがダボッとしている
・色が2色しかない
・歩くとカサカサ鳴る
・夏は暑い😱☀
・防水効果の寿命が不安

ポケットがないのは仕方ないです。

不満を持っているのが、シルエットがちょっと!って感じです。もう少し細身にして、パンツの伸縮性を上げれば、見た目がもっとよくなると思います。機能はいい製品なのに、見た目で損している惜しい製品です。

モンベルの中の人、どうぞデザインも検討くださいませ。お願いしますm(_ _)m

夏はやっぱり暑かった!夏の台風のときにもこれでしのぎましたが、蒸れます。ちょっと考えちゃいますね。

生地は完全防水ではないようなので、定期的なお手入れが必要です。防水効果がどこまで続くのか、見極めが必要です。

まとめ

ドライテックサーマシェルパンツは防水性が高く、保温&防風効果も高いです。夏場はちょっと暑いですが、冬はその効果を十二分に発揮してくれます。

靴やパンツがピショピショになると、気分は一日ブルーです。それを避けられるなら、このパンツを選ぶのがいいでしょう。

それでは、また!!