ミニマリストが貯金箱を断捨離!小銭貯金より投信を積立てる理由



どうも。自称モンベリストの弱虫眼鏡です。

買い物して現金を使うと、サイフの中に増えていくものってなんでしょう?

正解は小銭とレシートです。

小銭の扱いって、どうしてますか?普通はサイフにINですが、どうしても嵩張りますし、重たくなりますよね。私はというと、極力小銭は持ちたくない派です。

小銭を持ちたくないので、サイフはできるだけ小さなものにしています。こうすれば、小銭持ち歩かなくてすみます。ただ、サイフ選びはちょっと失敗しています😵💧

 
そうはいっても、小銭って、どうしても発生してしまいますよね。現金で決済する場合、小銭は欠かせません。
 
 

かなり前になりますが、私は500円硬貨貯金をしてました。えぇ、全部ためたら10万円とかいう、よく目にする、あの貯金箱です。

それに500円硬貨がサイフに入った時に、セッセと貯金箱に投入してました。結果どうだったかというと、

10万円なんて、全然たまらない( ノД`)…

何度か、チャレンジしましたが、全滅。。。

そして、悟りました。

もう、やめよう。

ミニマリストを目指して、断捨離を始めた頃、長年愛用?していた貯金箱と別れを告げました。

それからは小銭貯金はしてません。

では小銭が発生した場合はどうしているかというと、現在は、出来るだけ電子マネーにチャージしています。具体的には、小銭がある程度たまって来たら、PASMOにチャージします。小田急の券売機は小銭チャージに対応しているので、よく利用しています。

そこでふと思いました。なぜ、小銭貯金がダメで、投信を積み立てるほうがいいのか?その理由を、考えてみました。


小銭を貯めても思ったほど大きなお金は全然たまらないし、増えない

500円硬貨ためていたときも、余った小銭を貯めていたときも思いましたが、小銭って、貯めてても驚くような金額を貯められないです。

当たり前ですよね。小銭ですから。。。

これって、資産運用じゃないんだし、ただ、置いてあるだけです。それ以上でもそれ以下でもない。

小銭を貯める理由ってなんですか?

明確に答えられますか?

貯金箱が、そこにあるからですか?

小銭貯金はお金を増やすのには全く向いてないし、目的がはっきりしません。500円硬貨10万円貯金箱も目的をはっきりして、貯めないと、私のようにピンチの時に貯めないで途中で使ってしまいます。

まぁ、意思が弱いと言われればそうなんですが。。。

そして、いざ貯まったと思って、銀行に持っていって入金してもらおうとしたら、以外に少額でビックリしました。年間でやっても1000円ちょっとくらいしかたまってませんでした。

目的のない貯金とそれに伴う手間を考えたら割に合いません。その事に気づきました。

小銭はチリも積もれば重い。大量に持ち歩くのには非常に不向き

これも真っ当なことですが、小銭は重いです。チリツモだとかなりの重量になります。貯金箱を銀行に持っていった時、かなりヒーコラいってたのを覚えています。

本当に辛かった・・・

薄い財布に代えて思ったのですが、やっぱり小銭を持ち歩かない方が、非常に快適です🎵小銭持つくらいなら、クレジットカードか電子マネー、スマホで使えるならスマホで決済でいいです。

もう、小銭を持ち歩いている時代ではないのだと感じます。

小銭貯金をすると、貯金をするという行為をいつのまにか忘れる

これはよくやりがちだと思いますが、目的がない貯金はいつまでたっても貯まらないです。500円貯金もそうですが、『これで、海外旅行へいくぞ~!!』と明確に目的をもって臨んでいれば、貯まるのも早いです。

しかし私のように、目的もなく、余った小銭を投入しているようでは、全然たまりません。

しかも面倒くさがりなので、ついつい貯金そのものの存在を忘れてしまいます。数ヵ月後にホコリを被った貯金箱が出てくるのです。

もうやめましょう(# ̄З ̄)

目的なくやる貯金は、断捨離!でいいです。

投資信託の積立はズボラな人こそやるべき投資方法のひとつだ!

ということで、小銭貯金を断捨離しました。代わりに何をやっているかというと、インデックスファンド(投資信託)の積み立てをしています。

実際には500円を2本の投信を購入して毎日1000円積み立てています。詳細は過去の記事をご覧ください。

今後、何十年生きられるか分かりませんが、私が会社を退職するころには、社会保障も満足に受けられなくなるかもしれませんし、日本がおかしくなって今の生活を維持できなくなっているかもしれませんが、今のうちに出来る備えはしておきたいと思っていました。

こうやって、目的をもって積み立てる=貯金している感覚で、投信を積み立てています。

一度500円の積み立てを『毎日』に設定すれば特に何もすることなく『ほったらかし』です。勝手に積み上がっていくので、貯金箱に貯金し忘れるということもありません。

投信は市場経済が右肩上がりに成長していけば、福利の力で増える可能性も秘めています。500円貯金は、ずっと500円のままですが、相対価値が何十年後も500円かどうかはわかりません。

重たい硬貨を持っていてもなんの価値もない、そんな時代が来るかもしれませんし、来ないかもしれません。

まとめ

小銭貯金をやめました。やめたことによって、

・以外と貯まらないショックを受けなくて済む
・貯金し忘れを防ぐ
・重たい思いをしなくて済む
・目的を持った投資にシフトできた
これからは仮想通貨でもいいかもしれませんね。

それでは,また!!