ミニマリストは非常識?普通に生きるより、やりたいことをやるだけさ!


どうも。自称モンべリストの弱虫眼鏡です。

人生楽しくやってますか?

楽しくやれてない?それは問題です。

なぜ楽しくやれてないんでしょう?

仕事が多すぎる?やりたくない仕事をやっている?お金がない?自由がない?とにかく、○○がない?

なんかないないづくしですね。

でもなぜそう感じるのでしょうか?

答えはひとつではありませんが、いまのあなた、常識に縛られ過ぎていませんか?

もしかしたら、それが原因かもしれませんよ?

常識に囚われすぎて、他人にあわせすぎていないだろうか?

私もそうなのですが、今までは、どうにかして、人と合わせよう、普通の人に見られるように行動しよう、ということを至上命題として生きてきました。

つまりは、

普通になろう、常識人になろう。

変人に見られたくない。

という感じです。

ところがどうでしょう。それを追い求めていっても、一向に満足する結果が得られません。むしろ失敗ばかり。

普通の幸せって、なんですか?

もう訳がわからなくなりました。

普通でいることが実は一番難しいということを悟る

常識人になろう!普通になろう!そう目指して生きてきたのですが、果たしてそんな生き方ってどうなのよ?と最近、疑問に思うことがあるんです。

自分らしく生きていないから苦しむ。

でも自分は常識的でない。

どうやらこのギャップを埋められないから、悩んでしまうようです。

以前に自分の幸せってなんだっけ?ということについて 少し考えてみました。

人並みの幸せを得るより,自分の幸せを真面目に考える

常識的に生きるというのが、恐らく私には無理な選択なのでしょう。

だったら、思いっきり非常識に生きてやれ!

そうやって生きる方が、もっと自分らしくそして自由に生きられる気がします。

自由に生きたい、でもそれがなかなかできない

思いっきり非常識に生きる!

でも、それがなかなかできないものです。長年染み付いた思考や行動パターンが硬直させてしまいます。なにより『普通』でいることから『外れる』のが正直怖いんです。

私はその怖さを少しずつ取り除いていくのが、ミニマリストとして生きることだと思います。

ミニマリストとして生きることが、自分らしさを取り戻す、はじめの一歩


ミニマリストと呼ばれている人たちも世の中にはかなり増えたと認識していますが、実はまだまだ少数派です。

実際、私の回りに『私、ミニマリストです!』とか、『断捨離してモノがなくなりました!』なんていう人に遭遇したことがありません。

もちろん、私の狭い交遊関係のなかですので、当たる確率が低いのですが、それでもミニマリストを探すのは困難です。

別にミニマリストの仲間を増やしたい訳じゃありません。人は人、自分は自分。やりたきゃやればいいし、やりたくないならやらない。

モノを減らす、なくすことで、世間から見れば非常識街道を進んでいることになりますが、そんなことはどうでもいいんです。

やりたいことをやるだけさ!

自分らしく生きてく自由が、私にはある!!

他人は常識から外れたあなたに色々なことをいってくるでしょう。建設的な意見もあれば、ただの批判、やっかみで言ってくる場合があります。

なので、自分にとってよいと思う意見は有りがたく受け取っても構いませんが、必要ないと判断した意見は無視するか、聞き流しましょう。

私たちには必要のない意見だから。

自分らしさを失ってまで、相手の意見に従うことはない。相手が受け入れられないといのなら、それは意見の相違。妥協点が見つけられるのならばいいですが、相手に全面降服したって、意味ないです。

先日、ある曲を聞いて涙したのも記憶に新しいですが、まさに今の私の心を代弁してくれているかのように聞こえたからです。

今更,欅坂46 の『サイレントマジョリティー』を聴いて,全俺が泣いた

ということで、これからの人生をミニマリストを続けながら、非常識に生きていきます!

一人だっていいじゃないか!
他人とコミュニケーションとれなくたっていいじゃないか!
友達がいなくったっていいじゃないか!
お金がなくたっていいじゃないか!
他人に迷惑かけたっていいじゃないか!
自分をよく見せなくったっていいじゃないか!
モノなんかなくたっていいじゃないか!
明日,この世から消えてもいいじゃないか!
頑張らなくたっていいじゃないか!

まとめ

後半はチラシの裏にかいた落書きみたいになりましたが、これが今の心境です。

まわりに流されず、自分らしさをドンドン出していきたい。そして、その結果が非常識であっても、恐れずに前に進んでいきます!

それでは、また!!