モンベリストの家電|冷蔵庫はエレクトロラックス45L直冷式1ドア


どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

既に自炊生活を捨てて、ほぼ中食か外食という生活を続けています。自炊をしなくなっても、健康には影響ありませんし、食費も少し減っています。

無理して自炊をやっていた今までの生活で、何より変わったのは、自由時間が増えたことです。

自炊って、やっぱり時間かかるんです。

誰かの為にって、作る料理はモチベーション上がりますし、時間かかってもいいや、って思うけど、ひとり分を自炊し続けるのって、なかなか難しい。

そうなると、自炊しなくなりますね😜

となると、キッチン用品って基本的には不要になるんじゃないか?と思います。キッチン用品で最大のボスキャラといえばなんでしょう?

わたしの答えは…冷蔵庫です!

冷蔵庫って、電気を食うし、場所もとる。しかし、食べ物飲み物を保存する、冷やすという意味では、現代文明においては最強のアイテムです。

では今使っている冷蔵庫は何か?と問われたら、

エレクトロラックスのERB0500SA-RJPという冷蔵庫を使っています。

エレクトロラックスの45L直冷式1ドア冷蔵庫

エレクトロラックスは海外家電メーカーです。掃除機等でお馴染みのひともいるのではないでしょうか?最近盛んにCMしてたりしますよね。家電量販店に行くと、エレクトロラックス【electrolux】製品を目にする機会も多くなりました。

そのエレクトロラックスから、冷蔵庫が出ているんです。デザインには定評のあるメーカーですので、冷蔵庫にしても、シンプルでカッコイイデザインですね😁

自炊してないので、45Lの小さい冷蔵庫で十分です。調べてみると、もっと小さい冷蔵庫もありますが、これより小さいものは、デザインがイケてないし、冷蔵と冷凍が出来ないので、パスしました。

冷凍室があるのはときどき助かります。

サイドポケットに2Lペットボトル、350mlの缶が4本入る

写真のサイドポケットを見てください。エレクトロラックスに限らないかもしれませんが、同程度のサイズの冷蔵庫にも、一応サイドポケットがついています。

ERB0500SA-RJPはサイドポケットに2Lペットボトルが1本、350mLの缶が上下に2本ずつ、合計4本入ります。下の段は500mL缶も入りそうな気がしますが、試してないのでわかりません。でも、入りそうな雰囲気はありますね。

奥の収納はそれほど容量はない。右上に冷凍室がついている!

冷蔵室および冷凍室はこのようになっています。45Lなので、それほど多くのものは入りません。大きな冷蔵庫にある、野菜室やチルド室などもありません。これだけです。

右上のL字になっている室は、冷凍室です。室全体の1/4か1/5位しかありませんので、あまりたくさんモノは詰め込めないです。

買ってきたアイスを溶けないように置いておくことができます。夏場はいいですね☺

冷蔵の強さをコントロールするツマミもついている!

ERB0500SA-RJPの冷蔵室の中央奥には、温度調整ツマミがついています。1が弱、数字が上がっていくにつれて、冷やす強さが上がっていきます。7が最強です。

例えば、夏場は冷蔵庫の冷えが悪くなるので、5~7程度に調整しておき、冬は部屋の温度も低いので1~3くらいでも十分です(わたしの使い方によると)。

まぁ、季節によって変えてもいいですし、好みに合わせて使い分ければいいと思います。

エレクトロラックスERB0500SA-RJPのデメリットは?

メリットばかりでなく、デメリットもお伝えするのが私の流儀。エレクトロラックスERB0500SA-RJPのデメリットを以下にまとめました。

・音が結構煩い(時々、ポンって音がする)
・霜取り機能がない(冷凍室が霜だらけ)
・ライトが着いてない

結構頻繁に、コンプレッサーから、ポンって音がするので、音に神経質なひとはウザいかも。わたしは慣れました。

霜取り機能がないので、冷蔵温度を強くすると、冷凍室に霜がついて、ガリガリ君状態になります(笑)まぁ、数ヵ月に1回でいいので、一度電源を落とすか、温度調節ツマミを0にあわせれば、溶けますが、メンテナンスが面倒くさいひとは嫌かも。

大きな冷蔵庫についている、室内ライトがついていないので、奥に何があるか見えない。わからないことがあります。まぁ、そういうときって、モノを詰め込みすぎているんですけどね。

まとめ

エレクトロラックスのERB0500SA-RJP。デザインは気に入っていますし、自炊をしなくなった現在、この容量で十分です。ただ、大容量高性能な冷蔵庫に比べれば見劣りする部分はどうしてもあります。

どこまで割りきって使い倒すかですけどね。ちなみに、わたしは、冷蔵庫自体、手放そうかと考えています。

本当に手放すかどうは、もう少し考えてから行動に移したいと考えています。

それでは、また!