ビジネスマンにおすすめ靴下!モンベルのジオラインL.W.インナーソックス

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。



モンベルと聞くと、「あぁ、アウトドア専門のメーカね」って思いますよね。実際衣服のほとんどは、アウトドアに特化した機能的なものばかり。



動きやすい服装が多いですから、普段使いするとしてもカジュアルが中心です。だから、ビジネスマンにとっては無縁のモノが多い印象です。



でも、ちょっと待ってください。諦めるのはまだ早い。実は、モンベルでもちゃんとビジネスマンにおすすめできるアイテムがあるんですよ!



種類豊富ではありませんが、キラリと光る秀作が結構あります。



ビジネスマン、特に男性なら、ビジネスの服装といえば、スーツにネクタイ、ワイシャツに革靴、あとはバッグですね。



バッグを選ぶなら、まずはこちらをご覧になってください。モンベルでもいいビジネスバッグ、ありますよ〜。

モンベルのトライパック|ミニマリストおすすめの多機能ビジネスバッグ!
こんにちは!弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。モンベルは裾野が広い。たくさんのアイテムがあります。アウトドアでつかえるものが豊富なのはもちろんですが、それ以外にもいろいろ使えます。アウトドア...



今回はビジネスバッグではなくて、足もとをと見ます。革靴を履くなら、やっぱり靴下もそれに合う靴下を選びたいですよね。



わたしも常用している、モンベルのサポーテックソックスでもいいのですが、革靴にこの靴下を履くと、カジュアルっぽさが出てしまって、なんだか締まらないんですよね。



また革靴って、結構、足に汗をかくので、厚手のサポーテックソックスだと蒸れますw


足元が蒸れると、想像つくかと思いますが、あの悪名高き水虫の温床にもなりかねません。特に男性(いや女性もか)ビジネスマンにとっては難敵です。

こういうものには出来るだけお世話になりたくないです。



ミニマリストなら、水虫の被害を最小限に食い止めたいし、いっそのこと水虫自体を断捨離したいですよね。その為には足元を出来るだけ清潔に保つ必要があります。



あ、わたしが水虫なわけではありませんよw



革靴を履いた時に

・蒸れない

・革靴にふさわしい

・高機能

な靴下がいいです。ではそんな夢の靴下が世の中にあるのか?ということで、モンベルから探してみました。すると、ぴったりのものがあるんです!



今回は、モンベルのジオラインL.W.インナーソックスをご紹介します。

スポンサーリンク

男性ビジネスマンの靴下に求められる3つの要求とは?

ビジネスマンの格好となると、スーツ、革靴、ワイシャツ、ネクタイ、腕時計、鞄が基本かと思います。



では靴を履くとき、靴下はどうでしょう。男性の場合、黒か紺系統の薄手の靴下にする場合が多いんじゃないでしょうか?



ビジネスマンの方なら経験おありだと思うんですが、紳士服のビジネスコーナーに行くと、それはもう本当にたくさんのビジネス用ソックスが陳列してますよね?



柄が派手すぎず、模様が凝ったものありますが、基本的に地味。



まぁ、キンキラキンの靴下をスーツに会わせて履くというのは、さすがにちょっと抵抗があります(^o^;)



ビジネス向けの靴下売り場に行くと、機能的には、「蒸れない」とか、「抗菌防臭」とか言う言葉が踊っていますね。



通気性の悪い革靴を履き続ける性質上、靴が蒸れてしまったり、臭ってしまったりというのは、永遠の課題です。



だから、ビジネスマン向けの靴下には実は高機能であることが求められています。



ビジネスマン向けの靴下というのは、ポイントをまとめると以下になります。



・色はシンプルで、黒か紺(時々柄物)

・薄手であること(蒸れないこと)

・抗菌、防臭効果があること(臭い&水虫対策)



この3つは、ビジネスマンが履くビジネスシューズ向けの靴下に備わっている必要があります。意外に奥が深いんですよね。



スポンサーリンク

モンベルのジオラインL.W.インナーソックスはビジネスマンの靴下にピッタリ!

ではモンベルのジオラインL . W . インナーソックスは、ビジネスマンが履くビジネスソックスの3要素を満足しているんでしょうか?



まず色ですが、写真を見てください。真っ黒。



柄もついてなくて、非常にシンプル。どんなスーツを着ても似合うでしょうし、柄も色も派手ではないため、悪目立ちしませんw



わたしもスーツを着てジオラインL . W . インナーソックスを履いて出掛けることがありますが、靴下の色がミスマッチすることはありません。



たぶん誰も「モンベルのソックス」だとは気づかないのではないか?ってくらい、違和感ありません。



ジオラインL . W . インナーソックスの色は、黒と紺の2色のみ。これであれば色に関しては問題ありませんね。



次に機能面ではどうでしょう?ジオラインL . W . インナーソックスはそのなの通り、素材にはジオラインを搭載しています。



ジオラインは速乾性、保温性に優れ、アンダーウエアには最適です。汗をかいても素早く水分を拡散するので、シャツが汗でグシャグシャになりにくいです。



わたしも、ジオラインを愛用していますが、運動して汗をかいても、ジオライングシャグシャに濡れて張り付いてしまうということはないですね。



乾きの早さは筋金入りですw

すぐ乾く、蒸れない、ということは、雑菌の繁殖が押さえられ、臭いにくいということです。



革靴で長時間過ごすとどうしても、蒸れたり、足が匂ったりしてしまいます。足の臭いが強烈すぎて、たとえばビジネスで相手に不快な思いをさせてしまったこと、ありませんか?



そんなときは抗菌防臭の靴下を導入したいです。



ジオラインL . W . インナーソックスは乾きが早いので、臭いのもととなる雑菌の繁殖が発生しにくくなります。



そしてそれだけではありません。防臭効果を高めるために、素材には銀イオンが織り込まれています。これがバクテリアの繁殖を押さえます。



とまぁ、このように、ジオラインと抗菌防臭効果を遺憾なく発揮すれば、かなりの効果を期待できそうですね。



実際わたしも、ジオラインL . W . インナーソックスはいて使ってますが、蒸れたりした記憶はありません。



臭いについては、正直ゼロにすることはできませんが、それでも臭すぎて倒れる!ほどではないと思ってます。

スポンサーリンク

足元を気にせず、ビジネスに打ち込もう!

ジオラインL . W . インナーソックスを導入すれば、足元はもはや気にせずビジネスに打ち込めますね。



革靴とこの靴下を履いて、営業外回りをするもよし。内勤で事務やるのもよし。ビジネスマンならビジネスウーマンならなんでもこい!って感じです。



男性が履いてもいいですが、もちろん女性が履いたって、全く問題ありません。



モンベルの靴下としては、サポーテックソックスがあります。こちらは普段使いや、スポーツのときに履きます。



革靴のときも履いてもいいんですが、柄がちょっとビジネスには合わないので、フォーマルなときは避けた方が無難です。



繰り返しになりますが、ビジネスの場合は今回取り上げたジオラインL . W . インナーソックスを履きましょう。

ちなみにジオラインL . W . インナーソックスは、実はビジネスを想定した靴下ではありません。



カタログ説明をみると『登山やスキー時のインナーソックスに最適です』と書いてあります。つまり、靴下の二枚重ねするためのものなんですね。



まぁ、性能と見た目がいいので、気にせずビジネスに使ってしまっても問題はないと思いますけどね。

スポンサーリンク

ジオラインL . W . インナーソックスのデメリットとは?

ジオラインL . W . インナーソックスのデメリットも挙げときましょう。



・靴脱いだとき、モンベルのロゴが目立つ

・耐久性はあまりない



爪先付近に『mont-bell』の大きなロゴがプリントされています。靴を脱いで接客する場合、爪先を見られる可能性もあるわけですが、場合によっては気になっちゃいますよね。



まぁ、指摘されたら「いや~登山するんで、モンベルすきなんですよ~。」って、言うくらいの勢いで切り返してほしいです。



もう一つ、意外と耐久性はよくないです。

今度はジオラインインナーソックスに穴が開いた!耐久性はどうなのか?
どうも。登山せずに、モンベルだけで日常生活を送るモンベリストブロガーの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。 現在、これだけで生活してます。 夏休みは、靴下を新調するために、西日本のモンベルショップ各地を訪問して、ス...

多分モンベルは悪くなくて、わたしの歩き方や取り扱いが良くないのかもしれません。でも事実として、割と短期間でつま先の先端に穴が空いてしまいました。



長持ちさせるためには、丁寧なウォーキングが必要かもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ビジネスマンにおすすめの靴下は?ということで今回はモンベルのジオラインL . W . インナーソックスを取り上げました。



色は黒と紺で、一見地味ですが、ビジネスマンには欲しい機能が3つもついています。これを見逃すのはとても勿体無い。モンベルのロゴはすこし気になるかもしれませんが、まぁ問題ないでしょう。



それでは、また!

コメント