モンベルポイントをザクザク貯める|電子マネーはオートチャージ必須!

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。

現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。

電子マネー、使ってますか?現金使いたくない派のわたしは、たまに電子マネーも使っています。基本クレジットカードの使用ですけどね。モンベリストとしては、財布のなかにいれておくべきモノは、極力減らしたいなぁ、って思っています。

できれば、モンベルのクレジットカード付きポイントカード1枚だけで良いと思っているのですが、これは仕方ありません。

>>関連記事

もちものを全てモンベルに変えるのも、大きな目標でもありますが、できるだけ持ち物を少なくしたいというのも、モンベリストとしてのもうひとつの大きなテーマです。

ですが、今現在、PASMOを財布のなかに忍ばせて、携帯しています。本当は持ちたくないんですけどね。どうしても持っておかないといけない理由があるんです。

スポンサーリンク

モンベリストはどうして電子マネーを携帯しているのか?2つの理由

できれば、財布の中からPASMOも断捨離したいと思っているのですが、なかなかできません。できない理由が2つあります。

・通勤の関係上、持たなければいけない

・クレジットカードが使えない場合に備えて

わたしはしがないサラリーマンです。現在は通勤の関係上、PASMOを持たなければいけない立場にあります。会社の近くに引っ越しすれば、持たなくてもいいかもしれませんが、当面引っ越しの予定がなく、通勤は続けなければなりません。

となると、どうしてもPASMOを持たなきゃいけないんですよね。自発的に持っているというよりは、状況で仕方なく持っています。

もうひとつは、日本の決済事情からです。本来なら、クレジットカードで全ての決済が済めばいいのですが、そううまくいかないこともあります。たまに、クレジットカード不可で、電子マネーは可という場面に出くわすことがあるので、それに備えて持っています。

まぁ、両方不可というお店も多いんですけどね。

そういうときは、仕方ないので泣く泣く財布から現金を出して支払います。クレジットカード派にとっては、辛い選択です😭

>>関連記事

わたしに選択肢があるなら、PASMOも断捨離対象なんですが、仕方ありません。

ならば、PASMOを有効活用してやろう!ということで、モンベリストに有利な方法を考えました。

PASMOはオートチャージ設定にして、クレジットカードと紐付けする

通勤で使うPASMOをオートチャージ設定にしてしまいます。PASMOをオートチャージ設定しておけば、自分で現金をチャージしなくても、電車の改札を通過するときに、自動で入金される仕組みです。オートチャージを設定するためには、クレジットカードが必要です。

ここで注意点がひとつ!オートチャージが設定できるクレジットカードは、何でもよいわけではありません。例えばPASMOなら、オートチャージ設定できるクレジットカードの種類は決まっています。PASMOは首都圏の大手私鉄が協力しているので、基本的には私鉄のクレジットカード(例えば、小田急カードなど)であれば、オートチャージ設定できます。

SUICAであれば、JRかあるいは、JALやANAなどで、SUICAのオートチャージ設定のできるクレジットカードを選ぶとよいでしょう。

オートチャージ設定のできるクレジットカードは、PASMOホームページでチェックしましょう。

カードの枚数を減らしたいのであれば、定期券+PASMO+オートチャージ設定可能なクレジットカードを持てばよいのですが、この設定のできるクレジットカードは種類が限られています。

残念ながら、モンベリストのわたしが使っている、モンベルクラブ会員のクレジットカードには、オートチャージ設定はおろか、PASMOの設定ありません。なので、PASUMOのオートチャージできるクレジットカードの中から選びました。

あとは、クレジットカードと定期券を一体にするか、別体にしています。理由は、PASUMOを紛失したときには、一体型だと、クレジットカードも同時に紛失することを意味するので。リスクを分散させるため、あえて別体にしました。

ご自分のシチュエーションにあわせて、設定しましょう。これで、現金を使わずに電子マネーだけで楽々生活できてしまいますね。

>>関連記事

まとめ

電子マネーが使えるところが、結構増えてきました。モンベリストとしては、電子マネーは使わず、できるだけクレジットカード払いで済ませたいところですが、どうしても無理な状況もあるので、電子マネーも使っています。

せっかく使うならということで、オートチャージを設定していますが、これも現金を使わずに支払いを済ます方法です。電子マネーで支払うと間接的にクレジットカードで支払うことになるので、クレジットカードのポイントもつきます。

現金払いを断捨離するなら、クレジットカードと電子マネーの導入も検討しましょう。

それでは、また!

スポンサーリンク