自宅で美味しいコーヒーが飲みたい!ハンドドリップで美味しく淹れる方法をご紹介!


どうも,弱虫眼鏡です.
 
 
風邪はとりあえず薬を飲んだら少し良くなりました.鼻の症状は治まりましたが,今度は喉がイガイガしてきました.でも調子はずいぶんよくなってます.完全回復はいつでしょう・・・
 
 
さて,先日コーヒーメーカーを捨てたことを書いたと思いますが,実はコーヒーが大好きで毎日のように飲んでます.会社では専らインスタントコーヒーですが,家にいるときは豆を買ってきてドリップで飲んでます.
 
 
確かにコーヒーメーカーを使えば,色々作業をしている間に出来上がるのですが,なんかありがたみを感じないです.
 

だけど・・・

 
たかがコーヒーにありがたみなんて・・・と思いますが,でも,たまに個人で経営していそうな喫茶店でコーヒーを頼むと,何か機械で作るものと味が違うような気がします.勿論,手作業で淹れてくれている保証はないのですが,それでも雰囲気は出てますね.
 
 
結局何が言いたいかというと,文明の力を借りなくても,自分の工夫で美味しくコーヒーを淹れられないか?というのが動機です.だからといって捨てる必要はないですけどね.
 
 

とにかく実践あるのみ!!

そこで用意したのは3つ
・コーヒー用ケトル(ニトリで買いました)
・コーヒーフィルター(100均で買いました)
・ステンレスマグカップ(これもニトリで買いました)

 
 
ネットを調べると『美味しいコーヒーの淹れ方』を紹介しているサイトがたくさんありました.基本的にはそちらを参考にさせて頂いてます.

このケトル,コーヒー用なので,お湯が一気に出てくることないので,扱いやすいです.

まずは,お湯をわかします.調べると,沸騰したお湯を注ぐと雑味が出てよくないのだとか.今まで知らずに沸騰してすぐ注いでましたよ・・・
 
 
コーヒー豆にとって適温が90℃くらいとのことなので,沸騰してから大体1分くらい待ちます.温度計は持ってないので,適当です.

マグカップにフィルターをセットしておきます.コーヒーの分量としては目安10~14gだとか.あとはお好みに合わせて,調節すればいいと思います.

そしてお湯を注ぐのですが,初回に一気にお湯を注がないほうがよいそうです.どちらかというと初回は豆を湿らせる程度のお湯を注ぎます.そしてその状態で20~30秒ほど待ちます.つまり蒸らしをして,豆の中にある余計なガスを抜くのだとか.
 
 
時間が経過したら,中心に向かって『の』の字を描くように注ぎ入れていきます.入れすぎないように注意.何回か継ぎ足しでお湯を入れていきます.

そして完成.

 
 
苦労の味が,反映されているような感じがします.美味しかったです.今までの適当な淹れ方だと美味しさが安定しませんし,薄いなーと感じることが多々ありました.だからコーヒーメーカー使ってたということもありますが,創意工夫すればできるんですね.
 
 
今はこの道具で満足してますが,サイフォン式で淹れたコーヒーなんか憧れますね.いつかそれでできたらいいなーと思っています.その前に今のやり方を完全にマスターしてレベルアップしたいなと思ってます.
 
 
それでは,また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク