ミニマリストにベッドや布団はいらない!シュラフ(寝袋)生活のススメ

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。現在、たったこれだけで無理なく生活してます。

人生の1/3は睡眠時間といわれていますが、あなたはいつもどうやって寝ていますか?布団ですか?ベッドですか?まさか、床で寝てたりしますか?

時々、「自分、床で寝てます!問題ないっす!」っていう人もいます。が、わたしにはちょっと無理です。床が固すぎるとやっぱり寝れません(*_*)

しかし現在、わたしは断捨離をして、ベットおよび不必要な布団をすべて捨てました。

断捨離に目覚める前は、当然ベッドで寝てましたが、今ではベッドはおろか布団もありません。なくても十分生活できてます。

別に痩せ我慢しているわけでも、貧乏で布団が買えない訳でもありませんよ(貧乏なのは毎度のことですが)。

スポンサーリンク

断捨離して部屋が広くなると、布団やベッドがすごく煩わしくなる

わたしの部屋は特別広いわけでもありません。狭い部屋なのにベッドを導入し、『狭いなぁ』と感じていました。

そう思いながらも『まぁ、しょうがないか』と思って、何も考えず、惰性で生活していたんですね。

断捨離を始めると、モノがドンドン減って、部屋がだんだん広くなってきます。そうすると【ベッドに部屋を占有されている状態】が煩わしくなるんです。

実はベットだけでなく、クローゼットの中に【来客用布団】が一組ありました。これが実は悩みの種。

そもそも来客が泊まりにきて、寝るスペースはありません。まぁ、1人くらいなら、床に敷いて寝ることは出来ないことはない。

実際、友人とか来ても、結局朝まで語り明かしたり、遊んだり、飲んだりしているので、まともに布団を敷いて寝ることも殆どありませんでした。

結局まともに使ったのは、親が泊まりに来た時の1回だけ。

まず来客用布団はいらない。そして部屋が狭いなら、ベッドもいらないんじゃないか?ということで、布団とベットを捨てよう!と考えました。

床上直では眠れない!それなら、シュラフ(寝袋)はどうだ?

寝具を一つ残らず処分するということは、【床で寝る】ことになるのですが、さすがにこれは厳しい。

一度フローリングで昼寝程度試してみましたが、身体が痛くてやっぱり無理でした。何か敷くものが欲しいし、冬は寒さに耐えられません。

じゃあ、キャンプとかで使う【シュラフ(寝袋)】ではどうだろうか?これと、一人用のマットレスの組み合わせだったら、眠れないだろうか?

寝袋を使った記憶は、修学旅行か何かの時の思い出しかありませんが、正直、寝心地はあまり覚えてません。

学生でしたから、先生の目を盗んで友人と語り合うほうがメインだったので・・・寝不足だったのは覚えてますけど。

というわけで、シュラフ(寝袋)をうまく活用すれば、眠れる環境が整えられるんじゃないか?と考えて、シュラフ(寝袋)をまず購入することにしました。

楽天市場で購入したシェラフ。暖かくて寝心地は悪くない!

ということで、シュラフ(寝袋)を楽天市場で購入しました。

マミー型という,頭までスッポリ覆ってしまうタイプです.ちゃんと被ると顔だけしか出ない構造になっています。

今まで冬は布団やベッドで寝ていた時、肩口の布団のかかり具合が甘いので、寝返りを打つと隙間が出来て、スースーするのが気になっていました。

冷え対策として、布団を頭に被って寝ていました。こうすれば頭まで布団の中に潜るので、当然肩口の冷えを感じることはなくなります。

その代わり、息苦しくなるので、冬の間は結局寝不足です。そもそも布団をかぶって寝るというのは、OKなんでしょうか?

科学的には危ないような気がするのですが・・・専門家の方にお聞きしたい!!

一方、シュラフ(寝袋)ですが、マミー型なので顔だけ出して眠れるので息苦しさを感じません、肩口の冷えもありません。

安いシュラフ(寝袋)でも、意外と高機能だった!

シュラフ(寝袋)で大事なのはまず『保温性』だと思います。

カタログスペックの保温性能ですが,公称5度まで耐えられる設計になっています。わたしの使い方だと、外で寝ることを想定していないので、このスペックで十分です。

2017年初から使い始め、冬を越え,春~初夏にかけて使ってますが、非常に快適で全く問題ないです。

真冬だと足元が若干冷えるような気がしますが,足元の防寒をすれば問題ないと思います。

また布団の時に課題だった肩口の寒気は、そもそもマミー型シェラフなので、顔回りをスッポリ覆ってくれるので、ヘタな布団よりも十分に冷気を防いでくれます。

むしろ寝袋で寝ると逆に温かいくらいでした.

逆に気温が上がってくる、今の季節は潜って寝るともう暑いので、わたしはシュラフ(寝袋)を掛け布団のようにして使っています。

またシュラフ(寝袋)の価格もピンきりで、安いものであれば数千円程度なので、古くなったり、壊れたら、買い替えしても、懐も精神も痛めないです。

いきなり高いものを購入してもいいですが、まずは安いシュラフ(寝袋)を購入して、シュラフ(寝袋)生活しても大丈夫か?辛くないか?を確認してから、本格的なものを購入すればいいと思います。

ただ、シュラフ(寝袋)は敷布団としての機能は高くないので、別途一人用マットレスが必要です。元々マットレスはもっていたので、座布団兼敷き布団として使っています。

これで、寝具環境は整いました。

まとめ

寝具はシュラフ(寝袋)とマットレスだけで十分です。購入費用:シュラフ(寝袋)⇒3000円くらい,マットレス⇒2000円くらい合計で5000円程度払えば,一人寝袋生活も実践できますよ!

<追記>

ただ、現在は別のシュラフに買い換えて使っています。残念ながら、コチラの記事で紹介したシュラフは耐久性がイマイチでした。

そこで本格的にシュラフ生活をするために、モンベルのアルパインダウンハガー800#3U.L.コンフォートシステムアルパインパッド25を購入。比較すると、やはりモンベルの方が高機能で快適です。以下でレビューしてますので、よかったら覗いて見てくださいね。

どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 以前にも書いたのですが、ミニマリスト生活を始めてから、布団を捨てました。その時痛烈に思ったのですが、布団とかベッドって、処分にとてつもない労力がかかることを知りました。 ミ...
どうも。モンベリストの弱虫眼鏡です。 現在、持っているモンベル&アイテムはこれだけあります。 快眠を求めて,モンベルの枕を購入したことを書きました.枕の使いごこちは,特に問題なく,毎日使用しています.私の使い方ですが,空気をパンパンに入れるとやっぱり高さが少し高すぎるので...

それでは、また!!

スポンサーリンク