ロードバイクでロングライドするため,ツールボトルを100均ボトルで代用!


どうも.弱虫眼鏡です.

今日は小雨が降ったり晴れ間がでたり,忙しい天気でした.明日は雨だそうなので,会社に行く道中はちょっと嫌です.

さて,先日もお伝えしたように,今年の夏休みは避暑に北海道にロードバイクで行こうと計画しています.具体的な旅程はまだ何もプランが決まっていませんが,大まかには,フェリーで渡って色々めぐることを考えています.夏休みは一週間しか時間はないので,効率よく的を絞っていってきたいと思っています.

さて,今日は準備編ということでツールボトルの新設を検討しました.

低予算でツールボトルを導入できないか?

ツールボトルには主に,タイヤチューブ,パンク修理キット,工具と予備のねじを入れています.普段そのようなものはサドルバックに格納しているので,特に意識せずに持ち運んでいました.

しかしもし,北海道へのロングライドとなれば出来るだけ持ち物は少なくそして,サドルバックの空間を開けるか?そして携行品をどれだけ詰め込めるかが焦点となります.そこで便利なグッズとしてツールボトルの存在があります.ペットボトルよりもちょっと大きいくらいの中に,上記を詰め込むことが可能で,ドリンクホルダーに設置したり,サイクルウエアの背中ポケットにしまったりできるサイズです.

ただ,当然ですが安いものでも結構なお値段がしますし,さらに高いものもあります.

100均のツールボトルがあるじゃないか?!

今回,弱虫眼鏡は100均のドリンクボトルを利用することにしました.写真は近くの100均で買ってきたドリンクボトルに上記のグッズを詰め込んでみたところ,問題なく格納することが出来ました.少し窮屈ではありますが,実使用上は特に問題なさそうです.

実際にロードバイクのドリンクホルダーに取り付けてみました.若干ゆるめなので,大きな衝撃が加わった場合は,その拍子に飛んでいきそうな感じはします.でも走行中は特に問題になりそうにはないです.

週末,これで少し試しに確認したいと思います.


これでスペースが確保できた!!

ツール類の整理が出来ました.ただ,この方法だとドリンクホルダーが1か所つぶれるので,特に真夏のツーリングではドリンクボトル2つもって走りたいので,設置場所を考えなくてはならないです.背中にしまうのは嫌なので,どこか増設場所を探します

走行後のレビューはまた後日,ご連絡いたします.こうやって少しずつ準備を整えていこうと思っています.

それでは.また!!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク