不要な人間関係を断捨離|友達100人できるのは100人に一人の天才

考え方

こんにちは!

ミニマリストの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。

 

人生の悩みは、人間関係の悩み。最近流行りのアドラー心理学を読むと、こう書かれています。

 

本当にそうですね。わたしもその悩みを抱えるひとりです。ていうか、悩んでない人なんでいるんでしょうか?その人はきっと幸せですね。

 

ここ数年、色々ゴタゴタが続いていたのですが、とどのつまりはアドラーが言うように、元をたどれば人間関係が悪くなった、とか、人間関係の縺れ、とか、が原因のようです。

 

思えば、子供の頃から、物心ついた頃から、人間関係の悩みなんてなかったことはないですよね。

わたしもです。

いっそのこと、人里離れた山奥にでも住みたいな、なんて思うこともありますよ。

 

まぁ、でも、悪い面ばかりじゃないですよね。

なんでもいいから、他人と共感できたときはとても嬉しいです。

もちろん、自己目標を達成できたときの満足感もありますが。

 

それとは別のなんとも言えない、幸福感ってありますよね。

 

ただ、それって残念ながら長続き、しないんですよね。

わたしだけかもしれませんが、人間関係が長続きしないんですよ。

 

人間関係を断捨離|友達は100人出来るのか?

「いちねんせいになったら」って言う歌がありますよね。友達100人できるかな?のアレです。

 

小学校入学すると、歌の授業で毎日のように練習したあの歌です。当時はそれが当たり前だったんですが、今考えると、恐ろしいなぁって。

 

子供の頃は本気で100人、友達作ろう!って、躍起になっていたんです。

 

当時はそれが自分の使命だと思ってたくらい。

素直ないい子供ですよね。

 

でも、それを真っ直ぐに信じて成長していくと、次第に心が蝕まれます。

100人、友達のいない自分が、社会的にダメなやつじゃないかと。

そう思い始めるんですね。

 

あるとき限界を迎えると、心がおかしくなります。

 

あの歌を歌うと、なんとなく【そうあるべき】じゃないか?そして、一旦友達になったら、付き合いは無くしてはいけない、そう思ってしまいがちです。

 

大人になった今なら、それが無理な注文だと言うことが分かります。

ですが、素直な人は、それが心の足枷になってしまうんです。

 

しかも、長く付き合うのが【当たり前】だと思い込んじゃうんです。

 

そして、自分で自分を苦しめる。

 

100人できる、出来るんじゃないか?なんとなくできそうな気がするし、よし!先ずはクラスメイト全員と仲良くなろう!って志高く持った人は、アブナイ。

 

無理だと言うことに、早く気づいて欲しい。

 

思い込んだら、試練の道になることを、誰も教えてくれないんですね。実際は。

 

人間関係を断捨離|100人友達を作るのは無理!

コミュニケーションが取れない、取りづらいなぁという人が、無理して100人友達を作ろうとすると、挫折します。

 

後に残ったのは、携帯電話に残る、広く浅く知り合った、だけの人のデータだけ。

スマートフォンの電話帳を断捨離|まだ登録しているの?
どうも。登山せずに、モンベルだけで日常生活を送るモンベリストブロガーの弱虫眼鏡(@Yowamushi_glass)です。現在、これだけで生活してます。今まで、やろう、やろう、と思って、ズーッと後回しになっていたことがあります...

 

電話帳に残っている、データは本当に友達と言える間柄の関係にある人が何人いるでしょうか?100件あって10人もいたらいい方です。

 

友達や恋人、家族を作るのに大事なのは人数を稼ぐ事ではありません。

 

どうも、子供の頃の固定観念から抜け出せなくて、100人できないとダメな人間のように思えて、息苦しくなります。

 

・友達いない、少ないのはダメ

・結婚しないのはダメ

・家族がいないのはダメ

 

もうね、これらがわたしたちに襲いかかってくるんです。

これを躱す、避ける、やり過ごすのは並大抵じゃあないんですね。

 

でもね、そんな無理を通さなくてもいいんです。

無理しなくてもいいんですよ。

 

だって、友達100人作れる人、それは特殊能力の持ち主だからです。

 

人間関係を断捨離|人数にこだわるな。

友達100人作れる人は、はっきり言って特殊能力の持ち主です。

 

自分でも友達が多いなぁ、って思う人、人数数えたことありますか?パッと考えて、思い浮かべる顔、100人いたら、あなたは特別な人間です。

 

一般の人なら100人もいませんね。

人付き合いが少ない人なら、数十人くらいでしょう。

全くない、という人なら0です。

 

統計をとったわけではありませんが、【友人が100人以上いる】と答えた人は世の中に何人もいないでしょう。

 

とすると、子供の頃に熱唱させられたあの歌、大人になっても達成なんかできてない人がほとんどですね。

 

でも、それでいいんです。

 

気が合う、合わない、人それぞれ。

気が合う仲間もいれば、合わない奴もいる。

 

気が合うと思っていても、【ここはちょっと合わないなぁ】というところがあると、長くは続きませんよね。

 

モノでも人でもそうですが、長く付き合って行けるパートナーを探すのが難しい。

モノならお金でなんとかできますが、人付き合いはお金でどうこう出来る話ではありませんよね。時々、そういう風に走る人もいますが。

 

だから、友達でも恋人でもいい、気の合う人を1人見つけるだけで、いいんです。

あなたは本当に100人望んでいるのであれば、それでもいいですが。

 

わたしはというと、無理しすぎて、心が一度死にました。

そこから、人数にこだわることはやめました。

 

そうすると、そう決めると不思議。

心が軽くなるんですね。

 

あれだけこだわっていたのはなんだったのか?何故こだわっていたのか?考えるとアホらしくなりました。

 

だからもう、人数を増やすことにこだわるのをやめました。

まとめ

人間関係を断捨離って、ゾッとしますが、これにこだわると心が破壊されます。

なんて自分はダメな奴とか、人としてどうとか。

 

もういいんですよ。

 

煩わされるくらいなら、友達の人数をふやすのはやめましょう。

 

1度ゼロリセットしてから再構築したっていいんじゃないか!

それくらいの心構えで、穏やかに過ごしていきましょう。

 

それでは、また。

コメント