私が断捨離を始めてミニマルライフを実践するのに至ったのは『あの本』との出会いがきっかけでした!!


どうも.弱虫眼鏡です.

今日は天気がよくて少し蒸し暑かったですね.

さて,今日はミニマリストについて書きたいと思います.

皆さんももう恐らくご存じ『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -』佐々木典士さん薯を読んで衝撃を受けたのが,去年の夏の出来事でした.

当時これを読んだときは『すごい人がいるもんだなぁ~,自分には到底できない』と感じたものです.当時は私の部屋も汚部屋とはいかないまでも,かなりモノであふれて,家に帰ってきて,中の惨状を目の当たりにすると,本当に気分が萎えました.

また,そんな家にいても何だかおちつかないなぁとは感じていましたし,片付けをしても何故かモノの位置がしっくりこない.何故なんだろう?理由が分からず,悶々としていました.

今では笑い話ですが,ティッシュボックスの置き場に満足できなくて,その日に置く場所を1日5回くらいかえて,ようやく収まった気がしました.

でも,どうにも心に引っかかっていて,ある時ふと立ち寄った本屋でこの本に出会い,世の中にはミニマリストという,必要最低限の生活を実践している人たちがいることを知りました.早速本を読んでみるのは勿論ですが,ミニマリストと呼ばれている人たちが結構たくさんいて,彼ら彼女らがブログに実践生活をアップしていることも分かりました.

ミニマリストの記事を読んで

記事を等を読み漁ってみると,本当にたくさんの人がミニマルライフを実践しているというのにかなり驚きました.

そして皆さんのブログを見てると,切り詰めているとか無理しているとか,全然感じなくて,むしろその状況を楽しんでいるようにも感じたんですね.

そんなにモノを減らすことで,何か変わるのか?興味が湧いてきて,じゃあ自分でもやってみようということで,昨年末に一念発起して,断捨離を実践してみることにしました.

断捨離をやってみて分かったのは,確かに部屋が広くなるし,すごい解放感があります.そして皆さんが言っていたように,モノに煩わされることが少なくなりました.

またモノがあるおかげで,惰性で行動していたことがたくさんあるんだなぁと.

断捨離の効果

例えば,家に帰ってくるとみる気もないのに,すぐにテレビの電源を入れて,画面をぼーっと見てたり,適当にチャンネルを切り替えて,面白そうな番組やってないか?なんていう行動をほとんど無意識にやっていたんです.

で,じゃあテレビがなかったらどうなるんだろう?ということで,テレビを処分したら,まず家に帰ってきてから何をやるのか,その時の最善や優先順位をまず考えるようになりました.

断捨離をスタートしてからおよそ半年が経過しました.当初に比べて家の中のモノは9割方処分できたと思います.モノがなくなると,その時自分が一番やりたいことが何なのか,やらなきゃいけないことは何なのかが,じっくりゆっくり考えらるようになっています.

万人にお勧めできる方法ではないかもしれませんが,私にとってはちょっぴり人生が変わったような感覚を感じているのでこれでよかったのかな??とおもいます.

まとめ

今後もモノを増やさないように生活を続けていきたいと思います.油断するとモノってすぐに増えてしまいますからね.

それでは!また!


いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの1クリックが明日の私のチカラになります!どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク